ニュース

米国女子トレスマリアス選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2010年 トレスマリアス選手権
期間:04/29〜05/02 トレスマリアスレジデンシャルGC(メキシコ)

宮里藍が描く挑戦の足跡

藍、再び単独首位でツアー4勝目も米国以外で達成か!?

2010/05/02 12:14


米国女子ツアー「トレスマリアス選手権」は、地元メキシコ出身のロレーナ・オチョアが、この試合を最後にツアーからの撤退を表明していることで注目されていたが、決勝ラウンドに入り宮里藍ミッシェル・ウィの優勝争いが佳境を迎えている。

大会3日目を通算12アンダーの単独首位で迎えたウィは、3番パー3、5番パー5でバーディを奪い14アンダーまで伸ばした。一方11アンダー2位タイでスタートした宮里は3番パー3でボギーを叩き、その差は4つと開いてしまった。

しかし、宮里は慌てず諦めず自分のゴルフに徹する。6番、7番で連続バーディを奪い、12番でもバーディ。15番では2日続けてのボギーとなるが、前日ボギーを叩いた16番パー5でこの日4つ目のバーディを奪い通算13アンダーでホールアウトした。

前半はリードを広げたウィだったが、9番のボギーで流れを止めると、後半は2バーディ、3ボギーとスコアを伸ばせず、スタート時の12アンダーは変わらず。宮里が1打差で再び首位に返り咲き、最終日を迎える。

今季開幕戦から2連勝を果たした宮里、その2勝はタイとシンガポールだった。そして昨年ツアー初優勝した「エビアンマスターズ」もフランスと、米ツアーでありながら全て米国以外の国で勝利を収めている。そして今回もメキシコでの開催で、宮里の優勝への期待が益々高まる。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 トレスマリアス選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。