ニュース

米国女子HSBC ワールド女子マッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2007年 HSBC ワールド女子マッチプレー選手権
期間:07/19〜07/22 場所:ワイカギルCC(ニューヨーク州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

連日の快勝で3回戦に進出!「勝ち進める自信はあります!」

2007/07/21 10:56


「HSBCワールド女子マッチプレー選手権」の1回戦、ベッキー・モーガン(ウェールズ)を14ホール目で下す圧勝で幸先の良いスタートを切った宮里藍。2回戦の相手はベテランのシェリー・スタインハワー、メジャータイトルも獲得している強豪だ。

「日に日にタフなコンディションになっている」と宮里が話す通り、この日は強い風と難しいピンポジションが選手たちを悩ませ、ビッグネームが続々と敗れ去る波乱の展開。その中で、宮里は3番パー4で5メートルのバーディパットを沈めて1アップのリードを奪う。しかし5番パー4でボギーを叩きイーブンに並ばれると、6番パー5では逆にバーディを奪い返されてリードを許してしまう。

<< 下に続く >>

それでも「なるべくボギーを打たないように、昨日以上にグリーンの真ん中でいい」との意識を持ちながらプレーしていたという宮里は、自らは決して崩れない堅実なプレーを続ける。10番のパー3でピン下4メートルのバーディパットを決めて再び1アップとすると、以後はスタインハワーにリードを許すことなく優位に試合を進めていく。12番でもバーディを奪い2アップ、15番では相手のミスに助けられる形で3アップとリードを広げる。続く16番でもポイントを奪い4アップとし、残り2ホールを残して勝負を決めてしまった。

2試合連続の快勝で次戦以降への期待は高まる一方だが、「やっとここまで頑張っても、まだ16人残っているという感じ。これからが本当の勝負どころだと思います」と自らの気を引き締める宮里。その次の相手は、朴セリ(韓国)を破る番狂わせを演じたクリスティーナ・キムだ。「彼女は勢いがあるし、マッチプレー向き。勢いに負けず、自分のプレーをすればチャンスはあるはず」と相手を分析。「今のままでプレーすれば勝ち進める自信はあります!」と心強い言葉を返した。2年前の大会では3回戦で惜敗を喫しているだけに、宮里の発した勝利宣言に期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 HSBC ワールド女子マッチプレー選手権

  • 2007/07/19~2007/07/22
  • 賞金総額:2,000,000US$
  • ワイカギルCC(ニューヨーク州)



特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!