ニュース

米国女子全英リコー女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 全英リコー女子オープン
期間:08/02〜08/05 場所:セントアンドリュース オールドコース(イングランド)

宮里藍が描く挑戦の足跡

痛恨の2連続OB・・・最終日の巻き返しならず!

2007/08/06 05:12


3日目に37位タイに順位を上げ、「全英リコー女子オープン」最終日を迎えた宮里藍。前日のホールアウト後は「明日が楽しみ」と話していたが、最後まで“ゴルフの聖地”を楽しむことができれば、来年度大会のシード権を得られる15位以内も見えてくるはずだ。

午前9時40分、前日とはうって変わり、無風の1番ティからスタート。パー発進とした直後の2番パー4、ここを3オン2パットとしてしまい、早くもボギーが先行してしまう。5番パー5では3日間連続となるバーディを奪うが、続く6番パー4では4メートルのパーパットを外してボギー。それでも9番パー4で3メートルのバーディパットを沈めて前半をイーブンとし、ガッツポーズが飛び出した。

<< 下に続く >>

そして課題のバックナイン。ここでスコアを伸ばせれば上位進出も見えてくるところだが、13番パー4でティショットを左に曲げ、バンカーへ。結局3オン、3パットとしてダブルボギーとしてしまう。16番パー4でバーディを奪い返し、ここからラストスパートをかけたいところだったが、直後の17番パー5。ホテル越しにティショットを放つこの名物ホールで、「タイミングが合わなかった」と、ティショットを立て続けに2連続OB。7オン、2パットとする「9」の大叩きで、スコアを一気に落としてしまう。最終18番もボギーフィニッシュとし、この日「79」。通算14オーバーの58位タイで今季メジャー最終戦を終えた。

「1箇所(17番)ミスしてしまったが、全体の印象としては良いプレーだった」とこの日のラウンドを評した宮里。「いつも最終日にまくるが、今日は上手く行かなかった。この場所は特別です。結果は残念だけど、満足しています」と、セントアンドリュースでの4日間を振り返った。今季のメジャーはこれで全日程を終了したが、シーズンはこれから終盤戦へと向かう。「我慢してプレーできるようになったのは大きい」と、また1つ新たな経験値を得た宮里の、米ツアー初勝利の朗報を期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 全英リコー女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!