ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が描く挑戦の足跡

ショットに安定感が蘇り、8位タイに浮上!

2008/09/13 18:03


宮里藍の今季日本ツアー初参戦となる「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」も、決勝ラウンドを迎えた。この日は1万人を超える大ギャラリーが来場。大勢のギャラリーに見守られる中、午前9時10分に1番パー5からスタートした。

目立っていた左へのショットの曲がりは抑えられ、ラウンドを通して安定したショットが蘇った宮里。出だしのティショットも、確実にフェアウェイへと運んだ。2打目を刻み、3打目もピンに向かって真っ直ぐな弧を描いたが、これがピンを直撃し6メートル手前に戻る不運。パー発進とする。それでも「そういうときもありますね。朝から良い距離感だったと、前向きに考えました。当たらなかったら、2m以内には止まっていたでしょうね」と切り替えられるのは、調子の良さを感じている証拠。4番パー4では2打目をピン左手前5メートルにつけると、これを沈めてバーディとする。前半を1バーディで終えた。

後半10番パー4では、フェアウェイからの2打目をピン左手前1.5メートルにのせてバーディ。その後も多くのバーディチャンスを迎えるが、予選ラウンドと同様、惜しくもカップを逸れ続ける。2バーディで迎えた最終18番では、ピン上1.5メートルのパーパットを外してボギーフィニッシュ。それでも1ストローク伸ばし、通算2オーバーの8位タイに浮上した。

最終ホールに悔いが残るものの、「凄い良いプレーが出来て納得しています」と振り返った宮里。「結果より、1打1打の内容が良かったです。後半もほとんどバーディチャンスについて、良いリズムで出来ました。あとはパットが噛み合うかどうか」と、やはりパットをポイントに挙げていた。首位とは12打差に離されたが、戦う姿勢は崩れない。「ここまで来たら、順位に関係なく、自分のプレーに徹したいです。離れていても何があるか分からないのがメジャー。最後まで諦めないでやりたいです」。最終日、どこまでスコアを伸ばしてくるか期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。