ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が描く挑戦の足跡

惜しいパットが続き30位タイ 明日の巻き返しに期待!

2008/09/11 20:57


米国ツアーから一時帰国し、「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」初日を迎えた宮里藍。たくさんのギャラリーと報道陣の注目を浴びる中、10番ティからスタートを切った。無難にパースタートとしたが、続く11番パー4の2打目をグリーン左のバンカーに入れてしまうと、そこから寄せきれずにボギー。「ピンポジションが左右に振ってあったし、私がつけた位置も難しかったので、パットが入りませんでしたね」という宮里は、その後パーでしのぐ展開に。それでも、18番パー4では2メートルのバーディパットを沈め、グリーンを包む大ギャラリーの歓声を浴びた。

前半をイーブンパーで終えた宮里。後半にスコアを伸ばしたいところだったが、2番と3番のパー4でティショットを左に曲げ、ともに3メートルほどのパーパットを外し連続ボギーに。その後もバーディパットを決めきれずパーが続き、そのままホールアウト。1バーディ、3ボギーの2オーバー、首位と7打差の30位タイで初日を終えた。

この日の最低目標であったイーブンパーをクリアできず「残念でした」と表情を曇らせたが、「バーディチャンスにつけることに意識して、集中力はすごく良かったです」という宮里。ショットが多少つかまり気味で左に曲がるミスもあったが、「練習場では(曲がらずに)打てていたので気にはしていなかったのですが…。明日は大丈夫だと思います」と、不安には感じていない様子だ。

首位に7打差をつけられる滑り出しとなったが、「毎日(5アンダーも)出るとは思わないし、私も噛み合えばアンダーも出るだろうし、初日としてはそんなに悪くないスコアだと思います」と前向きだ。「明日は大事な一日になると思う」という宮里、明日の巻き返しに期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。