ニュース

国内女子ミズノクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が描く挑戦の足跡

藍51位で終戦、今後の日本ツアー出場の可能性も

2008/11/09 19:27


「ミズノクラシック」最終日は、イーブンパーの38位タイからスタートした宮里藍。昨年はギャラリーの声援に胸を熱くしたが、今年はその声にプレーで恩返しをしたいところだ。

10番スタートのこの日は、13番パー5で2オンに成功して、イーグル逃しのバーディ。「ショットは良くて、アイアンは縦の距離感もあっていた」という宮里だが、18番で左手前のバンカーに捉まってボギーとすると、寒さも厳しくなった後半は2ボギーとスコアを伸ばせない。結局、1バーディ3ボギーの「74」とスコアを落し、通算2オーバーの51位タイで3日間の戦いを終えた。

「後半はチャンスもあったけど、スネークラインが多くて、打ち過ぎてイメージ通りのラインに乗せられませんでした」と、我慢のゴルフとなってしまった。だが、昨年と比べればショットは格段に安定し、本人も手ごたえは感じている。

「調子が良くてもスコアが出ないのがゴルフだし、パットもショットもがっちり組み合わせられるようにしたい。対策は集中力を切らさないことですね」と、あと少しの噛み合わせが、今週は足りなかった。

米国女子ツアー最終戦の「ADTチャンピオンシップ」の出場は難しい状況となった宮里。明日月曜日には、拠点のあるロスに向けて戻る予定だが、今後の日本ツアー出場の可能性もほのめかす。スケジュール的には「大王製紙エリエールレディスオープン」が濃厚で、「出られるのであれば、出たいです」と本人は前向きだ。「今週はギャラリーの期待に応えられず残念でした」と肩を落とした宮里。主催者推薦枠を得られれば、もう一度そのチャンスが巡ってくる。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ミズノクラシック




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。