ニュース

米国女子サイベースクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 サイベースクラシック
期間:05/15〜05/18 アッパーモントクレアCC(ニュージャージー州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

雨も気にせず「良い練習ができました!」

2008/05/17 11:48


米国女子ツアー第12戦「サイベースクラシック」の初日に3アンダーをマークし、首位と2打差の10位タイと好スタートを切った宮里藍。2日目のスタートは8時32分。朝から降り続ける雨は次第に強さを増し、プレーを妨げる場面も多くなった。しかし、ショットが好調な宮里は、前半からナイスパーを連発。ピンチと思われても5メートルのパーパットを決めるなど、順調に前半の9ホールを終えた。

そして後半の1番ホールでティショットを打った時点で中断の合図。歩いてクラブハウスに戻り、再開を待つことになった。1時間後の13時に再開予定という知らせが入り、宮里は1番のセカンド地点まで向かったが、再開の合図はならなかった。

再び、クラブハウスに引き上げ、1時間見合わせ、さらに1時間。この時点でグリーン上にはいくつも水溜りができているということで、この日の競技は中止。プレーだけが水に流されたのではなく、宮里がラウンドした9ホールのスコアも帳消し。明日3日目に、同じ時間に1ホール目からラウンドすることになった。

「んー、凄く複雑な気持ちです」競技のキャンセルが確定した瞬間、宮里の口からこぼれた正直な感想だ。「まあ、このままこのコンディションの中でラウンドを続けて、明日ラウンドする選手がスコアを伸ばしてくる可能性もありますし、仕切り直しはしょうがないでね。そういう意味では、いい練習ができたと思います。自分としては凄く良いプレーができていますので、明日に気持ちを切り替えます」。

宮里にとって生涯初の競技キャンセル。ゴルフの状態が良いだけに、9ホール分のスコアが帳消しになっても、取り返せるという気持ちの余裕がうかがえる。2週間ぶりの上位争いは、残すところあと36ホールとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 サイベースクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。