ニュース

米国女子ギントリビュートの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 ギントリビュート
期間:05/29〜06/01 リバータウンCC(サウスカロライナ)

宮里藍が描く挑戦の足跡

藍、課題は60ヤード

2008/06/01 14:39


サウスカロライナ州で行われている米国女子ツアー第14戦「ギントリビュート」の2日目を終え、通算3アンダー34位タイとした宮里藍。1番スタートのこの日は、4番で3.5mを沈めて幸先良いスタートを切った。

5番でティショットが左の深いラフに捕まり、2mのパーパットを決められずにボギーとしたが、すぐに続く6番でピン上3mのバーディチャンスにつけた。だが、ここからまさかの3パット。返しの50cmのパットはカップの回りを180度回って戻ってきてしまう。「こんなにいいのに、バーディパットから3パットするか」と、本人も半ばあきれた様子で振り返った。

だが、そのままずるずるいかないのが、今の宮里。すぐに切り替えると、安定したショットを武器に、次々にチャンスを作っていく。8番3m、12番4m、15番3m、16番5m…。しかし、パットは惜しくもカップに嫌われバーディを奪えない。迎えた最終ホールでようやく1.5mのバーディパットを沈めた宮里は、「ようやく来たか」と空に向けてガッツポーズを突き上げた。

「今日は我慢、我慢のゴルフで、アンラッキーなパッティングから流れを途切れさせたけど、気持ちは途切れずに、ボギーの後にも良いプレーを続けていけたのが収穫です」と、総括した宮里。最終ホールのバーディでこの日はイーブンパー。「オーバーパーはしたくなかった」という宮里は、「こういう小さな目標をクリアすることが大事」と、自らに課した目標をクリアしたことに、満足そうな表情を浮かべた。

課題に挙げたのは、パー5でのサードショット。得意な60ヤードを残すようにしているが、「キャリーの60ヤードはばっちりだけど、ピンまでの60ヤードの打ち方を考えないといけない」と、スピンコントロールやグリーンの読みで、今以上の精度でピンに近づけたいという。

今は4~5mのバーディパットが、2~3mにつくようになれば、スコアも大きく違ってくるはずだ。「あと1日あるので、ビッグスコアを目指してやっていきたい」という宮里の言葉が頼もしい。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ギントリビュート




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。