ニュース

米国女子全英リコー女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 全英リコー女子オープン
期間:07/31〜08/03 サニングデールGC(イングランド)

宮里藍が描く挑戦の足跡

「自分の道が開けてきた」実りある4日間

2008/08/04 05:45


首位と2ストローク差の3位。逆転勝利に向けて「全英リコー女子オープン」最終日のスタートを切った宮里藍は、気迫が伝わってくる最高の滑り出しを見せる。1番パー5、ピン下7メートルのバーディパットを沈め、いきなりのガッツポーズ! 続く2番パー5も、バンカーからの3打目をピン右1メートルに寄せ、連続バーディを奪う。

7番でボギーを叩いた直後、8番パー3ではピン下5メートルのバーディパットをねじ込み、再びガッツポーズ。10番パー5では2オンに成功し、2パットのバーディ。さらに14番パー5でも2打目をピン下9メートルに乗せ、同じくイーグル逃しのバーディ。果敢な攻めでスコアを伸ばし、優勝争いに踏みとどまり続ける。しかし、15、16、17番でスコアを伸ばせず、最終18番では4オン2パットのダブルボギー。終盤の失速が響き、最終的に通算13アンダーの単独5位で終えた。

「惜しかったけど、いい集中力で最初から最後まで強い気持ちを前面に出せて、心地よいプレーが出来ました。第三者的な冷静な自分もいて、臆することなく思い通りにプレー出来きたと思います」と振り返る宮里。「ここ一ヶ月はずっとこういう感じで、自分の道が開けてきています。決勝ラウンドの2日間は集中力が自然と高まって、今までは緊張して飛んだり飛ばなかったりがあったけど、今日はなく、自分をコントロールでき始めていると感じました」と、メンタル面の成長を強調していた。

技術的にも精神的にも充実した内容で終え、今大会を「今までで一番」と評した宮里。今回の優勝争いが宮里に大きな自信を植え付け、ツアー初勝利への道もさらに開けてきたと言えるだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 全英リコー女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。