ニュース

米国女子セムグループ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2007年 セムグループ選手権
期間:05/04〜05/06 場所:セダーリッジCC(オクラホマ州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

惜しくも初タイトルを逃す・・・ でも納得の3位タイ!

2007/05/07 00:00


首位と4打差の17位タイで迎えた「セムグループ選手権」最終日。ショットはほぼ完璧、新兵器のパターも日に日にフィーリングが合ってきており、恐らく宮里藍自身も確かな手ごたえを掴んでいるに違いない。

「今日は我慢勝負になると思ったし、後半のハーフが勝負になると思った」との言葉通り、前半をすべてパーで凌ぎ切る宮里。しかしピンチもあった。3番パー4の3打目をグリーンオーバーさせ、バンカーへ。しかし「攻めた結果パーで上がれた」というバンカーショットを直接カップにねじ込み、チップインパー!なんとか優勝戦線に踏みとどまってのプレーが続いた。

<< 下に続く >>

そして「後半に入ってバーディーを取っていかなきゃいけないと思っていた」というバックナインに入り、ショットとパットが噛み合い始める。10番で6メートル、11番で8メートルのバーディパットを沈め、連続バーディを奪取。16番でも5メートルをねじ込み、3アンダーの2位まで順位を上げた。「状況は厳しかったがチャレンジしようと思った」との考えが頭をよぎったという17番、ティショットを右に曲げて木に当たるトラブルに見舞われるが、7メートルのパーパットを沈めてナイスパーセーブ。良い勢いを止まらせることなく、最終18番を迎えた。

プレッシャーのかかるティショットをフェアウェイに運んだ宮里だったが、「ちょっと捕まって、高いボールの分(風に)持って行かれてしまった」と話す2打目はグリーン左のバンカーへ。不運にも目玉となっていた第3打、ピンまで5~6メートルに寄せるが、これを外して万事休す。1打差でプレーオフ進出を、そして初タイトルを逃す結果となった。

最終18番を「目玉でなければなんてことはないバンカーショットだったが、それも運かな」と振り返る宮里。それでも「今日はいいラウンドで、すごく楽しかった」と話す表情には、笑顔ばかりが目立っていた。初優勝は惜しくもお預けとなったが、「ショートパットのミスはほとんど無かったし、今後もこのパターで行くつもりです。来週もこの状態で臨みたいですね」。次戦以降の初優勝を期待させてくれる、心強い言葉が帰ってきた。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 セムグループ選手権

  • 2007/05/04~2007/05/06
  • 賞金総額:1,300,000US$
  • セダーリッジCC(オクラホマ州)



特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには古江彩佳プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!