ニュース

米国シニア全英シニアオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 全英シニアオープン
期間:07/25〜07/28 ロイヤルバークデール(イングランド)

B.ランガーが大会2勝目に王手 井戸木は13位タイに後退

2013/07/28 07:27

◇米国シニア◇全英シニアオープン選手権 3日目◇ロイヤルバークデール(イングランド)◇7,082ヤード(パー70)

2日目に首位タイに浮上したベルンハルト・ランガー(ドイツ)が、決勝ラウンドに入り加速をつけた。5バーディ、1ボギーの「66」と4つ伸ばし、2位に3打差のリードをつける通算9アンダー単独首位。2010年以来となる大会2勝目に王手をかけた。

「ここ数日間は、ショットがすごく良いんだ」というランガーは、初日から3日連続でアンダーパーをマーク。「どの試合でも勝つことは特別なことだけど、メジャー、それもこのようなコースで勝つことは大きな意味を持つんだ」。昨年は単独首位で最終日を迎えながらも自ら崩れ、1打差のリードを守り切れず6位タイで終戦。1年を経て、そのリベンジを果たす機会が早くも巡ってきた。

通算6アンダーの2位に、3日間すべて「68」という安定したプレー内容で首位を追うデビッド・フロスト(南アフリカ)。通算5アンダーの3位にマーク・ウィーブ、通算3アンダーの4位タイにジーン・サウアース、ピーター・ファウラーサンディ・ライル(スコットランド)が続く。

4人が決勝ラウンドに進んだ日本勢は、10位タイからスタートした井戸木鴻樹が「73」と3つ落とし、通算2オーバーの13位タイに後退。友利勝良は通算6オーバーの33位タイ、奥田靖己は通算8オーバーの46位タイ、倉本昌弘は通算11オーバーの65位タイとしている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 全英シニアオープン




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。