ニュース

米国シニアグレーターヒッコリークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 グレーターヒッコリークラシック
期間:09/26〜09/28 ロックバーンG&CC(ノースカロライナ州)

スタドラーが逆転優勝!青木は12位でフィニッシュ

2003/09/29 09:00

ノースカロライナ州のロックバーンG&CCで行われている、米国チャンピオンズツアー第28戦『グレーターヒッコリークラシック』最終日。首位と2打差の4位につけていたクレイグ・スタドラーが最終日に猛チャージを見せ、劇的な逆転優勝を飾った。

スタドラーは1番から4番まで4連続バーディを奪い、首位のラリー・ネルソンを抜いてトップに躍り出た。ネルソンも負けじと4番、8番でバーディを奪って反撃。だが9番、11番でボギーを叩いてしまい、トップとの差が広がってしまった。その後再び追い上げるものの1打及ばず、スタドラーが食い下がるネルソンを振り切り、チャンピオンズツアー2勝目を手に入れた。

50歳のスタドラーは、7月に開催された「フォード・シニアプレーヤーズ選手権」でチャンピオンズツアーでの初優勝を掴むと、翌週のレギュラーツアー「BCオープン」でも優勝を飾り、見事2週連続優勝を果たした。今後もチャンピオンズツアーを盛り上げてくれそうだ。

日本勢では、青木がトップと4打差で最終日を迎えて逆転優勝の期待がかかった。前半から飛ばしていきたいところだったが、パープレーが続く我慢のゴルフ。9番で今大会初のボギーを叩いてしまい一歩後退してしまった。結局この日は1度もバーディを奪うことが出来ず通算6アンダー12位タイで競技を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 グレーターヒッコリークラシック




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。