ニュース

米国シニア3M選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2003年 3M選手権
期間:08/08〜08/10 場所:TPC of ザ・ツインシティーズ(ミネソタ州)

順位は大きく入れ替わり、海老原も伸ばせず!

ミネソタ州のTPC of ザ・ツインシティーズで行われている、米国チャンピオンズツアー第21戦『3M 選手権』の2日目。初日上位につけた選手はスコアを伸ばせず後退してしまった。代わって9アンダーまで伸ばしたトム・パーツァーが単独首位に浮上した。

3アンダー9位タイからスタートしたパーツァーは、序盤からバーディを積み重ねた。終盤14番ホールでボギーを叩いてしまったが、最終18番できっちりバーディを奪って最終日につなげた。

<< 下に続く >>

1打差でパーツァーを追うのは、この日のベストスコア9アンダー63をマークしたドン・プーリーなど4人。ウェイン・レビ、ベン・クレンショウも加わり、混戦模様になってきた。

上位陣が総崩れしたが、ディフェンディングチャンピオンのヘール・アーウィンもスコアを崩してしまった。初日4アンダー4位でスタートしたが、この日は2連続ボギーやダブルボギーを叩くなど、いつものアーウィンらしさが見られなかった。

今週、日本からは海老原清治が唯一出場。青木がいない分も活躍したいところだが、周囲の選手と同じようにスコアを伸ばすことが出来なかった。

初日14位タイの好スタートを切った海老原清治は、バーディを4つ奪ったが、ダブルボギーを2つ叩きスコアはスタート時のまま。最終日は諦めることなく、再び上位に顔を連ねてもらいたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 3M選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!