ニュース

米国シニア全米シニアオープン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2003年 全米シニアオープン選手権
期間:06/26〜06/29 インバネスクラブ(オハイオ州)

ブルース・リツキが独走態勢に!

米国チャンピオンズツアー(米国シニア)第17戦「全米シニアオープン選手権」3日目。好天に恵まれコース難度がさらに厳しくなり、選手たちはスコアをまとめるのに四苦八苦。そんな中、ブルース・リツキが64という驚異的なスコアを出し、2位に4打差をつけ独走態勢に入った。

2アンダーでスタートしたリツキは出だしで幸先良くバーディを決めると、前半は33で上位に顔を出し始め、後半に入ると5つのバーディを決めトータル9アンダー。他の選手を突き放した。

ブルース・リツキ
「コース難度が増している中で、こんなスコアで回れたのは自分でも信じられない。とにかくフェアウェイキープが第一優先で、ミスをするとしても、リカバリーのきく場所を決めていた。それがこのスコアにつながったと思う」

2位でスタートしたトム・ワトソンは1つスコアを伸ばし5アンダーで2位タイ。ショットの調子は良くチャンスは何度となくおとずれたが、固く速くなったグリーン上で苦しみ、9番ホールから10ホール連続でパー。

さらに首位だったビセンテ・フェルナンデスも2日目の64とは打って変わって我慢のゴルフが続いた。ショットに苦しみ前半には一時2アンダーまでスコアを落としたが、後半に立ち直りスタート時の5アンダーまで戻した。

日本勢は2名が決勝ラウンドに進出し、青木功がトータル10オーバーで34位タイ。ティショットを曲げる場面が多く、何とかパーセーブという我慢のゴルフで3日目74。海老原清治はショットの調子は上向きだが、バーディに恵まれず4ボギーで75。トータル12オーバーで48位タイとなっている。

フェアウェイキープが必須となるホールではティショットでアイアンを選択する選手も多いが、それでも一歩間違うと厳しいラフが待っており、さらに難度が増すと予想される明日は、より正確性と忍耐が試されることになる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 全米シニアオープン選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。