ニュース

米国シニアキンコーズクラシック of オースティンの最新ゴルフニュースをお届け

カイト、アーウィン、ワトソン。役者3人がトップ3に!

米国チャンピオンズツアー(米国シニア)第11戦「キンコーズクラシック of オースティン」2日目。この日ベストスコアとなる65でまわったトム・カイトがトータル10 アンダーで単独首位に立った。

カイトは前半2バーディ、ノーボギーと静かな展開だったが、後半に入ると10番か ら5連続バーディを記録。今季はこれまで9試合に出てトップ10入りは1回と、本来 の力からはほど遠い結果だが、この試合での復活が期待できそうだ。

<< 下に続く >>

首位を1打差で追うのは、カイトと同じく元全米オープンチャンピオンのヘール・ アーウィン、トム・ワトソンの2人。アーウィンは8バーディ、2ボギーで66。アー ウィンは今季4回トップ3フィニッシュだが未勝利。年とともにキレ味がなくなっ てきたと言われているが、以前の圧倒的強さが蘇るか。そしてワトソンは今日3つ スコアを伸ばすにとどまった。前半に1バーディ、3ボギーと苦しんだためだが、 インでは5バーディ、ノーボギーと復活。首位の座は明け渡したが、明日にも期待 を抱かせてくれる内容でホールアウト。

そして日本の海老原清二は2日目に70をマークし、トータル2オーバーで41位タイ に浮上。出だしでボギーを叩いた後の9ホールで6つバーディを記録し、昨日のリ ベンジを果たした。明日の爆発に期待だ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 キンコーズクラシック of オースティン




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!