ニュース

米国シニアコンステレーション・エナジークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

アーウィン届かずレビの逃げ切り勝ち!飯合61位、青木69位

メリーランド州のヘイフィールズCCで開催されている、米国チャンピオンズツアー第26戦「コンステレーション・エナジークラシック」の最終日。ツアー賞金ランキング2位のヘイル・アーウィンが猛追を見せたが、初日から首位を走り続けたウェイン・レビが辛くも逃げ切り昨季8月以来のツアー通算2勝目を飾った。

今週はチャンピオンズツアーの賞金ランキングトップを独走しているクレイグ・スタドラーが不在で、アーウィンとしては何とか勝って差を縮めたかったところ。13位タイで迎えた最終日、5番パー5では28メートルのイーグルパットを沈め、最後の7ホールを6バーディで締めくくった。結局、大会記録タイとなる8アンダー「64」で周り、通算14アンダーでレビの結果待ちとなった。

プレッシャーをかけられたレビだったが、全く動じず4アンダー、ノーボギーの「68」でアーウィンに2打差をつけて逃げ切った。米国男子ツアーでは12勝を挙げたレビにとっては、久しぶりの歓喜の瞬間となった。

3位にはこの日前半だけで5打縮めたロジャー・デービスが通算13アンダーで入った。4位タイのグループには、今季2勝を挙げていてアーウィン同様「64」のタイ記録で周ったジム・ソープが入賞した。

日本勢では青木功飯合肇が出場。飯合は10番までで4打落としたものの、そこから4つのバーディを奪いスコア「74」で最終日をフィニッシュ。通算2オーバー、61位タイで競技を終えた。青木も前半で3ボギーを叩くも、後半3バーディ、2ボギーでまとめて通算5オーバー、69位でフィニッシュした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 コンステレーション・エナジークラシック




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。