ニュース

米国シニアジェルド・ウェン・トラディションの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 ジェルド・ウェン・トラディション
期間:08/25〜08/28 ザ・リバースバインヤーヅ&GC(オレゴン州)

L.ロバーツがプレーオフを制す!青木32位、飯合42位に終わる

オレゴン州、ザ・リバースバインヤーヅ & GCで開催されている、米国チャンピオンズツアー第21戦「ジェルド・ウェン・トラディション」の最終日。この日、ローレン・ロバーツとダナ・クイグリーが、通算15アンダーで並びプレーオフへと突入。これを制したロバーツが、見事な勝利を収めた。

最終日に素晴らしいパフォーマンスを見せたのはロバーツだった。17、18番での連続バーディを含めて5バーディ、しかもノーボギーという完璧なプレーで、一気にスコアを伸ばしていった。一方、クイグリーは1イーグル、4バーディ、2ボギーと、やや出入りの激しいゴルフになったものの、4つスコアを伸ばしてロバーツと並んだ。

そして迎えたプレーオフ。18番のパー5で行われた1ホール目は、お互いにバーディを奪いドロー。決着がついたのは、2ホール目の17番パー4だった。ロバーツが放ったティショットは右の深いラフへ。クイグリーは右サイドのフェアウェイをキープ。この時点では、クイグリー有利かに見えたが、続く2打目、3打目で互いにミスが続き、なんとパーパットも外してしまう。最終的には、ボギーパットを沈めたロバーツが、クイグリーを退けて勝利を掴んだ。

そのほかの注目選手では、3日目に首位に立っていた、ギル・モーガンがスコアを1つ伸ばしたものの、通算14アンダーの単独3位、同じくトップからスタートした、ダグ・トゥールはスコアを1つ落として、通算12アンダーの5位タイでホールアウト。さらに、トム・ワトソンが、この日スコアを6つ伸ばして、通算7アンダーの9位タイでフィニッシュしている。

最後に日本勢だが、青木功は前日と同じくイーブンパーでのラウンドとなり、通算1アンダーの32位タイ。一方、飯合肇はスコアを2つ落として、通算1オーバーの42位タイで競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 ジェルド・ウェン・トラディション




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。