ニュース

アジアンインドネシアマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 インドネシアマスターズ
期間:12/14〜12/17 場所:ロイヤルジャカルタGC(インドネシア)

日没順延で宮里優作は暫定6位 ローズがトップ

◇アジアンツアー◇インドネシアマスターズ 2日目(15日)◇ロイヤルジャカルタGC(インドネシア)◇7539yd(パー72)

アジアンツアーの今季最終戦の2日目は雷雲接近の中断で日没順延が決定した。10アンダーの首位から発進したジャスティン・ローズ(イングランド)が16ホールを終えて4つ伸ばして通算14アンダーの暫定トップにいる。

<< 下に続く >>

タイのキラデク・アフィバーンラトが通算12アンダーの暫定2位。キム・ギワン(韓国)、スコット・ビンセント(ジンバブエ)は通算11アンダーの暫定3位につけた。

来年4月の「マスターズ」出場権をかけて年末時点の世界ランク50位以内を目指す同ランク58位の宮里優作は16ホールを終えて通算9アンダーの暫定6位とし「最後、なんとかやりたかったですけどね。ずっと今日は攻めあぐねてたんだけど、(再開後)上がりの方では風もやんでくれて、なんとかね。良くなってきました」と振り返った。

高橋賢が通算3アンダーの暫定34位、片岡大育は通算2アンダーの暫定51位、秋吉翔太は通算1アンダー暫定65位とした。

竹安俊也は暫定76位、中西直人は暫定87位、川村昌弘は暫定133位で予選落ちが濃厚になった。

関連リンク

2017年 インドネシアマスターズ



あなたにおすすめ

特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!