ニュース

アジアンユーラシアカップの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ユーラシアカップ
期間:03/27〜03/29 グレンマリーG&CC(マレーシア)

第1回大会はアジアの奇跡的猛追で引き分け

◇アジアチームvs.欧州チーム対抗戦◇ユーラシアカップ 最終日◇グレンマリーGC(マレーシア)◇7,004ヤード(パー72)

出場10選手がシングルスで戦った最終日。2日目を終えて3対7と、実力者揃いの欧州チーム相手に大きなビハインドを背負っていたアジアチームが、6勝2敗2分けで大量7ポイントを加算し、合計ポイントは10対10。結果は「引き分け」ながら、アジアの奇跡的な追い上げでドラマを生み、記念すべき第1回大会は幕を閉じた。

大会初日に5戦全勝を果たすなど、欧州チームのワンサイドとみられた大会。この日も第1試合は、欧州の主将ミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)が地元のニコラス・ファン(マレーシア)に1アップで勝利し、残り2,5ポイント獲得すれば勝利というところまでアジアを追い詰めた。

ところが、第2試合でアジアの主将トンチャイ・ジェイディー(タイ)が、グレーム・マクドウェル(北アイルランド)に3&2で勝利すると、空気が一変。第3~第7試合で1つの引き分けを挟んで5つの勝ち星を並べ、一気に計8.5ポイントで欧州チームに追いついた。続いて大差決着となった第10試合でシディクール・ラーマン(インド)がスティーブン・ギャラハー(スコットランド)を下してついに逆転。命運は、残る日本人選手2人の成績に委ねられた。

しかし、第8試合の小田孔明がジュースト・ルイテン(フランス)に1ダウンで敗戦し、再び同点。最後に残った第9試合は、谷原秀人の1UPで迎えた16番(パー5)でゴンサロ・フェルナンデスカスターニョ(スペイン)がイーグルを奪ってオールスクエアとする大熱戦。結局、並走のまま18ホールを終え、記念すべき第1回大会は両チーム優勝となった。

関連リンク

2014年 ユーラシアカップ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~