ニュース

アジアンパナソニックオープン インディアの最新ゴルフニュースをお届け

W.オムスビーが完全優勝 56歳のB.ルアンキットは1打差2位

2013/04/08 07:51

◇アジアンツアー◇パナソニックオープン インディア 最終日◇デリーゴルフクラブ(インド)◇6963ヤード(パー72)

初日から首位タイでスタートしたウェイド・オムスビー(オーストラリア)が通算9アンダーでツアー初勝利を飾った。

<< 下に続く >>

最終ラウンドを8アンダーの単独トップで迎えると、2番で最初のバーディを奪いながらも、続く3番でトリプルボギー。それでもその後は4バーディ(1ボギー)を決め「71」でまとめ「すごく意味のある勝利。世界中で戦ってきたけれど、ついにアジアで勝てたことは本当に素晴らしい」と喜んだ。

そして1打差の2位タイには56歳のブーンチュ・ルアンキット(タイ)。5アンダーの3位タイから出た最終日を「69」で回り、通算7アンダーの2位フィニッシュ。史上最年長勝利を逃したものの、「まだ若い選手と戦えるということを見せられたけど、最後は届かなかった。でも全体的には素晴らしい一週間。私が言えるのは、オジサンもあきらめちゃいけないってことだ!」と話した。

トップから2打差、通算7アンダーの3位にはラム・チービン(シンガポール)。6アンダー4位には地元インドのシブ・カブールが続いた。

なお、上位3選手は9月22日(木)開幕の日本ツアー「アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン」への出場権を手にしている。

関連リンク

2013年 パナソニックオープン インディア



あなたにおすすめ

特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!