GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子 フリスキー大阪女子オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

好スコア続出。首位は大城あかね

順位 選手名 通算 合計
1 大城あかね -7 65
2 芳賀ゆきよ -6 66
3 コウ・ウスン -4 68
3 安井純子 -4 68
3 村口史子 -4 68
3 中野晶 -4 68
7 不動裕理 -3 69
7 藤野オリエ -3 69
9 山名悠喜 -2 70
9 木村敏美 -2 70

スコア詳細を見る

年一度の大阪開催競技のフリスキー大阪女子オープン、初日首位に立ったのは65をマークした大城あかね。後を追うのは芳賀ゆきよのみ。他はさらに2打差離された4アンダー。その3位グループには中野 晶・安井純子・村口史子ら4人。先週プレーオフで破れた藤野オリエ不動裕理と共に7位に並んだ。東尾理子は3オーバー60位につけている。

8バーディ、1ボギーの大城あかねは練習でもなかった自己ベストの65を叩き出した。同組でラウンドした不動裕理片野志保らがじっくりラインを見て、いいリズムで回っているのに感心し、自分でも“間”を大切にプレーした。「若いのに自分のゴルフがしっかりしてるなと思ったし、自分にもプラスになりました」

今季は宮崎キャンプに2度も足を運ぶほど、大のジャイアンツファンでもある大城。ボールは夏まえから野球のユニフォームをプリントしてあるが、番号はもちろん長嶋監督の「3」。「私もジャイアンツの優勝にあやかりたいですね」 99年に最高位だった3位タイはこの大会だった。

パー5の6番ホールでイーグルを出した芳賀ゆきよは、1イーグル、6バーディ、2ボギー。しかし今日は熱が38度もあった。鼻も詰まって苦しそうなラウンドだったが、反対にゴルフの調子は悪くなかったのでそのままプレーした。「多少体がだるかったんですが、ツイていることも多くて良かった。今日は早く帰ります」 3日間完走するために体を休める。

4アンダー3位の高又順は4バーディ、ボギーなし。「ここは、飛ばすのではなく、刻んでスコアメークするコース。あとはパターが入るかどうかだけ」 ティショットはほとんど3Wで徹底的に刻んでいる。明日、明後日もこのスタイルは変えないで行くという。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには森井菖プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。