2010/09/28マーク金井の試打インプレッション

キャロウェイゴルフ FT TOUR ドライバー

海外ツアーで数々の実績を挙げてきた「キャロウェイ FT TOUR ドライバー」。プロから高く評価されたパフォーマンスを検証すべく、人間試打マシーンことマーク金井が徹底検証を行った。 ・低スピン弾道で
2009/06/23マーク金井の試打インプレッション

キャロウェイゴルフ FT-9 ドライバー

チタンとカーボンの複合素材を使ったヘッドのFTシリーズ。年々進化するFTシリーズの実力を確かめるべく、人間試打マシーンことマーク金井が立ち上がった。 ・やさしく高弾道を打ちたいゴルファー ・ミート率
2010/06/22マーク金井の試打インプレッション

キャロウェイゴルフ FT-iZ ドライバー

キャロウェイの複合素材ヘッドドライバー「FT-iZ」は、ヘッド形状を四角形から三角形へと大幅に変更。ヘッド後方部分に重量を多く配置するなど、やさしさとボールの上がりやすさを重視したモデルを、マーク
2009/07/07マーク金井の試打インプレッション

キャロウェイゴルフ FT-iQ ドライバー

海外プロが使用するなどプロからも信頼を得ている四角いヘッドの「FT-iQドライバー」。“人間試打マシーン”ことマーク金井が早速試打をしてみた。評価ははたして・・・ ・ドローを打ちたいスライサー
2013/11/22PGAコラム

キャロウェイにとって記念すべき2013年

)、「X Hot フランケンウッド」(フェアウェイウッド)、「FT Optiforce」(ドライバー、フェアウェイウッド)、「マックダディ 2」(ウェッジ)、「HEX Chrome + ball」 PGA
2011/03/15マーク金井の試打インプレッション

キャロウェイゴルフ RAZR HAWK TOUR ドライバー

にあたる「FTシリーズ」同様、クラウン部分にはフェースとボディのつなぎ目がクッキリと入っている。構えた感じは「FT9」よりも「FTツアー」に近い感じだ。ソール側のボディはカーボンだが編み目模様ではなく
2010/10/07ギアニュース

低迷ドライバー市場に喝っ!

~、2011年3月発売)だ。 最も注目されるのが『レイザー・ホーク』だろう。これは従来中・上級者向けブランドとして展開してきた『FT』の後継ブランドで、製品対象者も同じ層に向けて新展開を図るもの。イタリアの
2010/11/16マーク金井の試打インプレッション

三菱レイヨン ディアマナ ahina

・ミズノ MP425+ドライバー ■コントロール重視 ・ブリヂストン ツアーステージ X-DRIVE 705 type415 ・ヤマハ インプレスX V425 ツアーモデル ・キャロウェイ FTツアー
2010/12/07マーク金井の試打インプレッション

キャロウェイゴルフ DIABLO Octane ドライバー

打つと、思ったよりもボールが引っかからない。チーピンを打とうと思ってあおり打ちしても、チーピンのミスが出にくくなっている。 キャロウェイのFTツアーが2シーターのマニュアルスポーツカーだとすれば
2011/09/13マーク金井の試打インプレッション

キャロウェイゴルフ レガシーブラック ドライバー

がるのが手に伝わってくる。四角形のFT-i以降、キャロウェイはヘッドが返りやすいドライバーを作るのが上手い。このノウハウがレガシーブラックでもしっかり活かされている。そして操作性が高いので、ドロー
2010/10/14ギアニュース

キャロウェイ、新ブランド「レイザー」を発表

これまで同社が展開してきた中・上級者向けブランド「FT」の後継モデルとして、「レイザー ホーク ツアー ドライバー」、「レイザー ホーク ドライバー」、「レイザー ホーク フェアウェイウッド」が誕生
2010/05/24新製品レポート

「球がつかまる異形ヘッド」キャロウェイ FT-iZ ドライバー

【ミーやん】異形ヘッドの「FT-i」シリーズは、このモデルで3代目になりますね。前モデル、前々モデルは四角形でしたが、最新モデルは五角形に近い形状になりました。けれど、フェースの向きは歴代変わらず