ニュース

国内男子JGTO Novil FINALの最新ゴルフニュースをお届け

上平栄道が逆転Vで来季シード滑り込み 賞金王は2999円差で森本雄

国内男子ツアー下部チャレンジトーナメントの今季最終戦「JGTO Novil FINAL 2015」は23日、千葉県のザ・カントリークラブ・ジャパンで最終日の競技が行われ、首位と2打差の4位から出た上平栄道が、6バーディ、1ボギーの「67」(パー72)で通算9アンダーとし、逆転で7年ぶりとなるチャレンジツアー5勝目を飾った。

首位からスタートした前粟藏俊太(まえあわくら・しゅんた)は、「70」でプレーして通算8アンダーの2位。通算7アンダーの3位に大田和桂介福永安伸が続いた。

<< 下に続く >>

チャレンジ賞金ランキング10位までの選手に、来年のレギュラーツアー前半戦(第1回リランキングまで)の出場優先権が与えられる中、上平は賞金180万円を加算して10位に滑り込んだ。

前週まで賞金ランク2位だった森本雄は、通算2アンダーの19位。同1位だった秋吉翔太は通算イーブンパーの40位に終わり、逆転で賞金王戴冠が決まった。約9万9千円を加算した森本が獲得賞金を447万9531円とし、秋吉を2999円上回った。森本には、来年のレギュラーツアー1年間の出場優先権が与えられる。

2位の秋吉、10位上平のほか、賞金ランク3位から9位には池村寛世金子敬一朴一丸浅地洋佑大堀裕次郎額賀辰徳日高将史の7選手が入った。

【主な最終成績】
優勝/-9/上平栄道
2/-8/前粟藏俊太
3T/-7/大田和桂介福永安伸
5/-6/近藤啓介
6T/-5/川満歩横尾要山岡成稔小鯛竜也
10T/-4/櫻井勝之邊辰哉日高将史荒井雅彦

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 JGTO Novil FINAL




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!