最近のニュース 新着一覧≫


2019/04/23全米女子オープン

18歳の上野菜々子 メジャー切符を手に憧れのアメリカへ

。アマチュアの上野菜々子が、初の海外メジャー出場権とともに憧れのアメリカ行きを決めた。最終組のホールアウトを30分待ち、通算2オーバーの3位タイで「全米女子オープン」(5月30日~/サウスカロライナ州
2018/11/17大王製紙エリエールレディス

アマ上野菜々子は7人目の快挙なるか V争いの有村智恵も驚き

アマチュア・上野菜々子(東海大付属大阪仰星高3年)に驚きの表情をみせた。「うまかったですね。欠点が見つからなかった。16番(パー3)でピンに向かって、あんなショットを打つなんて感動しました」。 その
2019/06/02全米女子オープン

初めての全米女子オープン’2019 (その1)

たいです ◆上野菜々子 「77」「76」通算11オーバー ショットは良かった。言い訳になるけど、休養が足りなかったです。最後はちょっと手が痛んで…。グリーン周り、風の対応、高い球、低い球…技術が足り
2018/11/16大王製紙エリエールレディス

予選落ちの笠、川岸らシード喪失 有村首位

、通算12アンダーでその座をキープ。後続に1打差のリードをつけて決勝ラウンドへ折り返した。 通算11アンダーの2位に、18歳でアマチュアの上野菜々子(東海大付属大阪仰星高3年)と、この日のベストスコア
2018/11/17大王製紙エリエールレディス

4人が首位の大混戦 勝みなみ、18歳アマ上野ら

有村智恵、松田鈴英、勝みなみ、18歳でアマチュアの上野菜々子(東海大付属大阪仰星高3年)が、リーダーボードトップに立って最終日を迎える。 勝は1イーグル7バーディ、1ボギーとし、この日ベストスコアの
2019/06/01全米女子オープン

【速報】比嘉真美子は通算4アンダーで中断 7時45分に再開

さくら +6/上原彩子 +8/吉田優利 +11/天本遥香、上野菜々子(アマ) +14/山口すず夏 【速報】比嘉真美子はパー発進 勝みなみはイーブンでホールアウト ◇海外女子メジャー◇全米女子オープン
2019/05/30GDOEYE

全米なのになぜ…「日本オープン」みたいなペアリング

だ。 例えば、世界ランク5位の畑岡奈紗は比嘉真美子、成田美寿々と同組になった。ほかに新垣比菜―横峯さくら―鈴木愛と、山口すず夏―岡山絵里―上野菜々子(アマチュア)が、3人とも日本人選手という組。畑岡は
2019/06/01全米女子オープン

比嘉真美子は単独首位を維持 雷雨で日没順延

109位に吉田優利。通算11オーバーの132位に天本遥香と上野菜々子。山口すず夏は通算14オーバーの142位に沈んだ。 現時点のカットラインは通算3オーバーとなっている。45選手がホールアウトできておら
2019/05/31全米女子オープン

比嘉真美子が単独首位発進 成田美寿々7位

比菜と勝みなみの4人。2オーバー68位に鈴木愛。3オーバー82位に上原彩子と横峯さくら。5オーバー117位に天本遥香、6オーバー125位に上野菜々子、7オーバー134位に吉田優利、8オーバー142位に山口すず夏が続いた。
2019/05/26全米女子オープン

全米女子OPの組み合わせ発表 日本勢3人同組が3組

、成田美寿々と予選同組になった。 出場権をかけた日本地区最終予選会5位で補欠選手となり、3週前に本戦出場が決まった新垣比菜は、横峯さくら、鈴木愛とプレー。米国での予選会を勝ち抜いた山口すず夏は、岡山絵里、アマチュアの上野菜々子と同組となった。
2018/11/17大王製紙エリエールレディス

スランプ脱出の勝みなみ 自己ベスト「64」でV争いに名乗り

美味しかったです」とペロリと舌を出した。 松田鈴英、アマチュアの上野菜々子(東海大付属大阪仰星高3年)とともに最終組からスタートを切る最終日。2014年にアマ優勝を果たした「KKT杯バンテリンレディス」以来となる、2度目の優勝へ期待も高まる。(愛媛県松山市/玉木充)
2018/11/18大王製紙エリエールレディス

勝みなみがプロ初優勝 賞金女王にアン・ソンジュ

14アンダーの3位に菊地絵理香が入った。 首位タイから出たアマチュアの上野菜々子(東海大付属大阪仰星高3年)と有村智恵は通算12アンダーの7位で終えた。 27位で終えたアン・ソンジュ(韓国)が、4年ぶり4度目の賞金女王になった。
2018/06/22

うれし涙の吉田優利「逃げそうになるのを戦い抜けた」

番とボギーをたたいて「すごく緊張し始めた」と、同組で回る上野菜々子(東海大付属大阪仰星高3年)に首位の座に明け渡した。 逃げそうになる心との戦いだった。「“この試合に負けても次がある”とか、“これで