2013/12/14ヨーロピアンツアー公式

カンピージョが「59」を記録するもブルックスが首位をキープ

余儀なくされた初日首位のブルックスは通算12アンダーまでスコアを伸ばした。 「62」でラウンドしたイングランドのマシューボールドウィンはカンピージョに並び第2ラウンドを終えた選手の中ではトップに立ち
2013/06/22ヨーロピアンツアー公式

敏腕エルスが首位をキープ

マシューボールドウィン(イングランド)とアレクサンダー・レビー(フランス)に1打差をつけている。 エルスはこの日、スタートから5連続パーとして6番のパー5でバーディを奪うものの続く7番パー4では
2014/06/23ヨーロピアンツアー公式

フォタで完全優勝を遂げたイロネン

、そしてダニー・ウィレットとマシューボールドウィンのイングランド人コンビが入った。 コークに集まった大勢のギャラリーを前に、プロとして初めてとなるアイルランドの地での勝利を狙ったグレーム・マクドウェル
2013/07/27ヨーロピアンツアー公式

カールバーグがモスクワで単独首位に

カールバーグは二日目を「68」で回り通算9アンダーで大会を折り返した。 そしてイングランドのマシューボールドウィン、フランスのアレキサンドル・カレカ、中国のリャン・ウェンチョン、そして北アイルランドのマイケル
2013/09/27ヨーロピアンツアー公式

復調を喜ぶウィルソン

・マレー、そしてマーク・フォスター、マシューボールドウィン、トミー・フリートウッドらイングランド勢に並び6位につけた。
2013/06/21ヨーロピアンツアー公式

エルスがカイマーらを押さえて首位

、そしてロバート・ジャン・ダークセン(デンマーク)、マシューボールドウィン(イングランド)、アレクサンダー・ノレン(スウェーデン)の4選手が「64」で回った。 「ここまでの数か月、僕はロースコアを出せ
2016/10/21ヨーロピアンツアー公式

スタートダッシュを決めたウォーレンがポルトガルで首位発進

でシード権争いを繰り広げる選手の名も散見される。 そんなイングランドのペパレルは、見事プレッシャーを払いのけて初日「64」をマークし、同胞のマシューボールドウィンとカラム・シンクウィン、フィンランド
2013/07/26ヨーロピアンツアー公式

ダイソンのスコアカードには一点の曇りもなし

シーズンプレーするコースの中ではこの3ホールがベストだと思います」。 イングランドのマシューボールドウィンとジェームス・モリソン、スペインのハビエル・コロモ、そしてイタリアのアレッサンドロ・タディーニは
2013/12/15ヨーロピアンツアー公式

バンデルウォルト、特別な思いで噛みしめる優勝

控えた最終日、30歳の南アフリカ人が、マウントエッジコムCCで行われた最終ラウンドで「66」をマークし、マシューボールドウィン(イングランド)、ホルヘ・カンピージョ(スペイン)の2人に2打差をつけて
2016/06/17ヨーロピアンツアー公式

初日サスペンデッドのオークモントは混戦模様

いる。 マシューボールドウィンは残り1ホールで3オーバーとしており、ウィレット、ロリー・マキロイ、そしてラファ・カブレラベローは皆、その1打後方につけている。
2013/06/23ヨーロピアンツアー公式

レビーとノレンがエルスを捕らえる

3日目を、レビーとマシューボールドウィン(イングランド)と同じ組でスタート。しかし激しい雨による2時間20分の中断後、4度のメジャー大会王者である彼は何度かスリーパットしてしまったものの、ラスト5
2016/01/23ヨーロピアンツアー公式

サリバンがアブダビで暫定首位に浮上

・フィッツパトリックもこのグループにつけており、他にはマシューボールドウィン、デービッド・ホーシー、トレバー・フィッシャーJr、そしてファブリシオ・サノッティが通算5アンダーで2日目のラウンドを完遂している
2016/06/07ヨーロピアンツアー公式

ライオネスオープンの知っておくべきアラカルト

フィールドの中では、ウッドとヴィースベルガーはこの大会の翌週にオークモントCCで開催される「全米オープン」に出場する8人のうちの2人であり、この他にはマシューボールドウィン、グレゴリー・ボーディ、ソレン
2019/07/16全英オープン

2019年「全英オープン」出場者&資格

<プリンス> オースティン・コネリー カーティス・ニペス カラム・シンクィン <セントアンス・オールドリンクス> マシューボールドウィン ギャリック・ポーティアス ジャック・シニア
2016/09/09ヨーロピアンツアー公式

シード末席に滑り込んだ男・エバンスが単独首位発進

ヨーロピアンツアー出場(いずれもこの大会)となったカロンは、1番、4番、6番、7番、そして16番でバーディを奪い、ノーボギーのラウンドを完遂した。 首位から2打差のグループには、マシューボールドウィン
2014/01/17ヨーロピアンツアー公式

終盤猛チャージのカブレラベローが首位タイに

”幕開けとなった今大会初日は、この他にイングランドのマシューボールドウィン、そしてフランスのロメイン・ワテルが首位タイで並んでいる。 「今日は殆どの選手にとって今年最初のラウンドだった」と語る
2014/01/24ヨーロピアンツアー公式

好調を維持するカブレラベロー

堪能し、できる限りのパフォーマンスを尽くすだけだよ」。 ウェブスターに訪れた“2日連続の”チャンス 2日目を「69」でラウンドしたスティーブ・ウェブスターと「66」でラウンドしたマシュー
2014/01/31ヨーロピアンツアー公式

復活を印象づけたマキロイ 圧巻のパフォーマンス

・スターン、フランスのジュリアン・ケン、アイルランドのダミアン・マグレーン、そしてイングランドのマシューボールドウィンらも初日を「66」でラウンドし、ギャラハーと共に6アンダーのグループにつけている。
2014/06/06ヨーロピアンツアー公式

全盛期に戻ったルンドベリ

吉兆は励みになるね」。 首位の1打後方にはウェールズのリース・デービース、米国のベリー・ヘンソン、そしてマシューボールドウィンとリチャード・フィンチのイングランド人コンビがつけており、地元の人気