最近のニュース 新着一覧≫


2020/02/26ニュージーランドオープン

日本勢17人がエントリー 女子メジャー覇者も参戦

棄権を余儀なくされた。昨年も出場し、時松と並ぶ日本勢最上位の5位に入った舞台で悔しさをぶつける。 2018年の海外女子メジャー「ANAインスピレーション」を制した33歳のパニーラリンドベリ
2015/08/06WGCブリヂストンインビテーショナル

リオ五輪に出るのは誰?開幕1年前の出場権獲得選手一覧

・ノルドクビスト、パニーラリンドベリ オーストラリア/ミンジー・リー、カリー・ウェブ スペイン/アサハラ・ムニョス、カルロタ・シガンダ 台湾/テレサ・ルー、ツェン・ヤニ カナダ/ブルック・ヘンダーソン
2018/04/03ツアーギアトレンド

リンドベリは女性向けモデルの1Wでメジャー初制覇

飾ったパニーラリンドベリ(スウェーデン)。大舞台で花開いた31歳のプレーぶりもさることながら、使用するドライバーが女性向けモデルだったことも一躍注目を集めることになった。ピンゴルフ(PING)と
2016/08/16リオデジャネイロ五輪

リオ五輪女子ゴルフあす初日 野村、大山がメダルに挑戦

メダル獲得に挑戦する。 世界ランク22位(8月15日時点)の野村は初日、パニーラリンドベリ(スウェーデン、世界ランク98位)、アシュリー・サイモン(南アフリカ、218位)と同組で、午前9時47分(日本
2019/04/03ANAインスピレーション

悲願のメジャー初制覇へ 好調・畑岡奈紗が2週連続Vに挑む

慣例となっている。 昨年は、パニーラリンドベリ(スウェーデン)が月曜日までもつれ込んだメジャー史上最長8ホールのプレーオフで、朴仁妃(韓国)を下してプロ初優勝を飾るシンデレラストーリー。上原彩子が日本
2016/03/18JTBCファウンダーズカップ

記録的スコアのイ・ミヒャンが首位発進 横峯と宮里美香24位

アンダーの2位に、キム・セヨン(韓国)とブリタニー・ラング。8アンダーの4位にジュリア・セルガス(イタリア)。さらに1打差の5位にアンナ・ノルドクビスト、ダニエラ・ホルムクビスト、パニーラリンドベリ
2018/10/05インターナショナルクラウン

日本はスウェーデンに1勝1敗 米国戦は日没順延

パニーラリンドベリ&マデレーネ・サーストレム組を下した。畑岡が2番、上原が3番でそれぞれバーディを奪って先行。奪われたのは11番だけで、3ホールを残して決着をつけた。 一方、成田美寿々&比嘉真美子ペア
2015/08/21カナディアンパシフィック女子オープン

大会2勝のコーが2打差2位の好発進 宮里美香、有村智恵は21位

史上最年少優勝記録を樹立、その翌年は大会連覇を果たした得意のコースで好位置につけている。 4アンダーの3位にステーシー・ルイス、キム・インキョン(韓国)、パニーラリンドベリ(スウェーデン)、ダナ
2015/06/07マニュライフLPGA

ペターセンが単独首位 野村敏京は22位に後退

アホ・ウリベ(コロンビア)。通算17アンダーの3位にクリスティ・カー、さらに1打差の4位にパニーラリンドベリ(スウェーデン)が続く。 13位で決勝ラウンドに進んだ野村敏京は1つ落とし、通算10アンダー
2014/07/25インターナショナルクラウン

日本はグループ首位発進!藍&さくらコンビが先勝

コンビを組んだ宮里藍と横峯さくらが、ペルニラ・リンドベリとミカエラ・パルムリト組を2アップで撃破。そして宮里美香と比嘉真美子のコンビはアンナ・ノードクイスト&カロリン・ヘドウォールの強豪ペアとの戦いを
2018/09/17エビアン選手権

最終18番で悲劇 ダブルボギーでメジャー初優勝スルリ

て悔しがった。 パニーラリンドベリ(ANAインスピレーション)、ジョージア・ホール(全英リコー女子オープン)に続く、今季3人目となるメジャーでのツアー初優勝は惜しくも逃したが、「残念だけどメジャーで
2018/10/04インターナショナルクラウン

日本は初戦のタイに1敗1分け 畑岡&上原が土壇場で追いつく

「シングルスマッチ」の最終日に進出する。 日本と同じ「プールB」で、連覇を狙う米国はスウェーデンと対戦。クリスティ・カー&レキシー・トンプソン組がパニーラリンドベリ&マデレーネ・サーストレム組に1
2017/05/07ロレーナ・オチョア マッチプレー

ジュタヌガン、ウィらが準決勝へ コーは3回戦敗退

カリン・イシェール <3回戦、同> ハー・ミジョン 1アップ リディア・コー フォン・シャンシャン 1アップ ブルック・ヘンダーソン アリヤ・ジュタヌガン 5&3 パニーラリンドベリ クリスティ・カー
2017/11/20CMEグループ ツアー選手権

ジュタヌガン最終戦制す トンプソンが年間女王に

輝き、ボーナス100万ドル(約1億1343万円)を獲得。ベア・トロフィ(年間平均ストローク)も受賞した。 チ・ウンヒ(韓国)、パニーラリンドベリ(スウェーデン)が4位に続いた。 ポイントランク2位