ニュース

米国女子ANAインスピレーションの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 ANAインスピレーション
期間:03/29〜04/01 ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

リンドベリがメジャーで初優勝 プレーオフ8ホール目で決着

◇女子メジャー第1戦◇ANAインスピレーション 予備日(2日)◇ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)◇6763yd(パー72)

日没順延となったパニーラ・リンドベリ(スウェーデン)と朴仁妃(韓国)とのプレーオフは、午前8時に5ホール目から再開。リンドベリが8ホール目となる10番をバーディとして決着をつけ、ツアー初優勝をメジャータイトルで飾った。

リンドベリは2010年から米国ツアーに参戦した31歳で、世界ランキングは95位から34位にジャンプアップ。16年「リオデジャネイロ五輪」(31位)の代表歴を持ち、このときは朴が金メダルを獲得していた。

プレーオフは10番、17番、18番の繰り返しで実施された。3ホール続けてパーで分け合い、10番に戻ってきた通算8ホール目。リンドベリが7.5mのバーディパットを先に決めてガッツポーズを作ると、朴が3mのチャンスを外して決着した。

プレーオフには通算15アンダーの首位で終えたリンドベリ、朴、ジェニファー・ソンの3人が進出。ソンは前日の3ホール目に脱落していた。

<最終日>朴仁妃とリンドベリのPOは日没順延 上原彩子は8位

通算15アンダーの首位タイで終えた朴仁妃(韓国)、ツアー未勝利のジェニファー・ソンパニーラ・リンドベリ(スウェーデン)の3人によるプレーオフへ。18番(パー5)の繰り返しで行われた3ホール目でソンが脱落し、4ホール目を朴とリンドベリがパーで分けたところで日没順延となった。再開は2日(月)の午前8時を予定。

3ホール目に唯一バーディを奪えなかったソンは、惜しくもツアー初優勝を逃した。

上原彩子は5打差を追って9位からのスタート。4バーディ、1ボギーの「69」と伸ばしたが、優勝スコアに3打届かない通算12アンダーの8位でホールアウトした。3連続バーディ発進とした前半に一時は首位を捕らえたが、以降の伸び悩みが響き、1977年「女子プロゴルフ選手権」を制した樋口久子以来、41年ぶりとなる日本人メジャー制覇はならなかった。

畑岡奈紗は「73」と1つ落として通算2アンダーの48位。鈴木愛は「76」として通算13オーバーの76位で終えた。

<上位と主な選手の成績>(プレーオフは翌日に順延)
1T/-15/朴仁妃パニーラ・リンドベリジェニファー・ソン
4T/-14/アリヤ・ジュタヌガンジェシカ・コルダ
6T/-13/モリヤ・ジュタヌガンチャーリー・ハル
8/-12/上原彩子

48T/-2/畑岡奈紗 ほか
76/+13/鈴木愛

関連リンク

2018年 ANAインスピレーション




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~