2018/05/21全米オープン

秋吉翔太らが全米出場権 石川遼は8位で上位3枠に入れず

ジャパンメモリアルゴルフクラブで行われ秋吉翔太、デービッドブランスドン(オーストラリア)、梁津萬(中国)の3選手が本戦出場権を獲得した。 1日36ホールを回った。通算8アンダーでトップの秋吉は「全米
2019/10/31マイナビABC選手権

岩田寛が首位発進 今平周吾は17位

・キョンナム、Y.E.ヤン、ハン・ジュンゴン(いずれも韓国)の3人が続いた。 5アンダー6位にキム・ヒョンソン(韓国)、デービッドブランスドン(オーストラリア)、香妻陣一朗の3人。4アンダー9位グループに
2019/11/01マイナビABC選手権

岩田寛が首位キープ 後続に2打差

(韓国)デービッドブランスドン(オーストラリア)が続いた。 通算7アンダー5位に賞金ランキング2位の今平周吾、竹谷佳孝、出水田大二郎、阿久津未来也ら6人が並んだ。 小平智は通算3アンダーの33位。前年
2019/07/07日本プロ

石川遼が3季ぶりツアー15勝目 プレーオフ制し涙

比嘉一貴、チョ・ミンギュ(韓国)、デービッドブランスドン(オーストラリア)、今平周吾が並んだ。前年覇者の谷口徹は通算6アンダー15位に終わった。 大会は豪雨の影響で初日が中止となったため、金曜日(5日)の第1ラウンドから始まり、この日の最終日は第3ラウンドと最終ラウンドの36ホールで争われた。
2019/02/11ヨーロピアンツアー公式

終盤チャージのロウ 18番イーグルで初V引き寄せる

トップ5入りを決めた豪州のジェイソン・スクリブナーのほか、同郷のデービッドブランスドンとスコットランドのデービッド・ドライズデール。8位タイにはベルギーのニコラス・コルサーツとフランスのクレメント
2019/02/10ISPS HANDA ヴィックオープン

D.ロウがツアー初優勝 日本が主戦場のケネディ2位

15アンダー5位にデービッド・ドライズデール(スコットランド)、ジェイソン・スクリブナー、デービッドブランスドン(ともにオーストラリア)の3人が並んだ。
2018/09/07ISPSハンダマッチプレー

8アップ圧勝の今平周吾、池田勇太らが準決勝進出

ホールを奪い、8&6で圧勝した。池田は木下裕太を2&1で破った。 クロンパはショーン・ノリスを4&3、ワナスリチャンはデービッドブランスドン(オーストラリア)を1UPで下した。 9位タイ決定戦では深堀圭一郎、キム・キョンテ(韓国)、ブラッド・ケネディ(オーストラリア)、スンス・ハンが勝利した。
2018/06/11記録

「全米オープン」出場選手&資格

.セクショナルクオリファイ通過者 秋吉翔太 星野陸也 デービッドブランスドン 梁津萬 アンドリュー・ジョンストン ジェームス・モリソン リッチー・ラムゼイ マシュー・サウスゲート スコット・グレゴリー ライアン
2018/09/07ISPSハンダマッチプレー

爽やかな笑顔がトレードマーク タイの新鋭が4強入り

デービッドブランスドン(オーストラリア)を1アップで破り、破竹の勢いでトーナメント表を勝ち上ってきた。 グリーン周りからのチップショットを一番の強みに挙げる。とくに終盤の粘り強さが目立ち、2回戦以降は
2017/02/17ワールドスーパー6パース

谷原秀人は17位で決勝進出 川村昌弘は予選落ち

。 通算11アンダーの2位に、「64」をマークしたデービッドブランスドン(オーストラリア)。通算10アンダー3位にスティーブ・ジェフレス(オーストラリア)が続いた。 首位と1打差の3位から出た谷原秀人は
2017/12/03オーストラリアPGA選手権

C.スミスが欧州ツアー初優勝 S.ガルシアは24位

。 通算17アンダーの3位に、日本ツアーを主戦場にするアダム・ブランド。通算14アンダーの4位にマーク・レイシュマンとデービッドブランスドンが続き、上位5人を地元オーストラリア勢が独占した。 前年覇者の
2017/11/27カシオワールド

10人がシード初獲得 フル資格の竹安俊也は勉強熱心

俊也(56位)の5人が第1シードを獲得した。出水田大二郎(66位)、北村晃一(72位)、池村寛世(74位)、日高将史(75位)、デービッドブランスドン(78位/オーストラリア)が第2シードを手にした
2017/02/19ヨーロピアンツアー公式

地元のラムフォードが破竹の勢いで最終日のマッチプレーへ

、ヒギンボトムは「66」でホールアウトした。豪州のデービッドブランスドンとダニエル・フォックス、ベルギーのトーマス・デトリー、イングランドのライアン・エバンス、そして米国のジョハネス・ヴィーアマンも通算
2017/10/20ブリヂストンオープン

武藤俊憲ら5人が首位 石川遼は45位発進

アンダー「66」をマークした武藤俊憲、星野陸也、丸山大輔、大堀裕次郎、デービッドブランスドン(オーストラリア)の5人が首位に並んで発進した。 2シーズンぶりの勝利を狙う武藤は出だし1番の第1打を「雨
2017/08/02ISPSハンダマッチプレー選手権

宮本勝昌、片山晋呉ら3回戦進出 宮里優作は敗退

2アップで勝利。岩田はデービッドブランスドン(オーストラリア)を1アップとして下した。 ストローク戦で行われていた2015年大会を制した武藤俊憲は、2イーグルを奪うなどカート・バーンズ
2017/05/21関西オープン

今平周吾が完全優勝でツアー初V 後続を6打差圧倒

に片岡大育。通算2アンダーの3位にスンス・ハン(米国)。北村晃一と、デービッドブランスドン、カート・バーンズ、ブラッド・ケネディのオーストラリア勢3人が通算1アンダーの4位に入った。 3週連続優勝の
2017/05/19関西オープン

伏兵・小野田享也が「65」 今平周吾と首位を並走

に4バーディを集めて「69」。ツアー初優勝へ絶好のポジションで決勝ラウンドに駒を進めた。 通算3アンダーの3位にデービッドブランスドン、マシュー・グリフィン、ブラッド・ケネディ、カート・バーンズの
2017/05/20関西オープン

今平周吾が独走首位!5打リードで初優勝に王手

引き寄せた。 通算3アンダーの2位にオーストラリアのカート・バーンズ。通算2アンダーの3位で片岡大育、高山忠洋、ブラッド・ケネディ、デービッドブランスドン(ともにオーストラリア)、スンス・ハン(韓国