2017/07/27サイエンスフィット レッスン

スイングの欠点丸見え!新システム始動【1】

悩み 「が曲がらず、方向性が安定しているというのが、自分のゴルフの良いところだと思います。距離の短いコースでは、80台で回れるようになりましたが、スコア的には停滞気味です。やはり、もっと飛ばせるように
2017/11/09サイエンスフィット レッスン

タメようとしなくてもタマっちゃう法則【前編】

なります。ところが、澁谷さんは身体能力が高いので、左手首を甲側に折ることで、上手く合わせているのです。フェース向きを上手く調整できるのですが、左手首が甲側に折れるので、すくい上げるインパクトになり、
2017/10/26サイエンスフィット レッスン

腕の使い方を覚えてプロのスイングへ!

ます。プロのダウンスイングに近づくための1つのヒントとしては、を意識的につかまえようとしないことです。つかまえようとすれば、左手首が甲側に折れるように手元だけをこねたり、体を早く開いたりしてしまうから
2016/07/11今さら聞けないスイングの基礎

弾道の仕組みを知れば自分のスイングが分析できる ~第10回~

、インパクトでボールとクラブヘッドがどのように接触しているのかを知ることです。 といっても、決して難しいことではありません。ボールとクラブヘッドがどのように当たっているかは、放たれたの弾道を見れば誰でも
2017/10/20ミスショット レッスン

4種類の「スライス」を把握せよ!

出るとなります。また、インパクト時にフェースがスクエアでも、インサイドアウト軌道の度合いによって、ドロー回転(左回転のサイドスピン)がかかりきらずに、右に押し出す形でプッシュアウトとなることがあります
2017/02/23サイエンスフィット レッスン

90をコンスタントに切るためのスイング改善【3】

、インパクトからフォローにかけて腕が伸びる感じが得られず、ミドルアイアンでは、時折、とんでもなく高いが出るのですが…」 前田さん ゴルフ歴20年、平均スコア90前後 フォローのフェース向きがポイント
2016/07/25今さら聞けないスイングの基礎

スイング作りで失敗しないためのポイント ~第12回~

のニュートラルなポジションがあります。自分のニュートラルを見つけられれば、より高い再現性と自在なボールコントロールという目的も、自ずと達成できるはずなのです。 たとえばボックスとVゾーンはOKでも
2016/06/15今さら聞けないスイングの基礎

NGなグリップがなんと8割!アマチュアのグリップ調査白書

出てくる。では早速、いくつかの例を紹介しよう。 ケース1:ウィークグリップが引き起こすスライス&飛ばない病 が掴まらず、飛距離が伸びないというAさんは、アマチュアの多くに見られるウィークグリップ
2010/10/04上達ヒントの宝箱

アプローチの高低を打ち分ける超基本

アプローチの高低を打ち分ける超基本 同じクラブで高さを打ち分けたいとき、皆さんはどうしますか?当然、ボールを上げたいときにはすくう感じで振って、低く出したいときには突っ込む感じで振...
2016/06/27今さら聞けないスイングの基礎

トップの位置を改善して方向性をアップ

、右に打ち出しやすくなります。インパクトの前後で胸が正面に戻ってこないためです。 肩の柔軟性が高いとも考えられますが、90度は理想とされる平均値なので、それを大きく外れる人は、別の問題があることを疑って
2017/03/09サイエンスフィット レッスン

アプローチで分かる!正しいリストワーク

正しい腕の使い方ができているかどうか、ショートアプローチを見るとすぐに分かります。目標方向にボールを運ぼうとしたり、を上げようとする意識が強くなるほど、手を使ってクラブを振るようになり、正しく
2016/07/28サイエンスフィット レッスン

右肘を真下に下ろして良い人、ダメな人

いけない人がいます。さて、それは一体どうしてなのでしょうか?今回は、がつかまらず、時折大きなスライスに悩まされているという人が登場。 右膝を真下に下ろそうとするほど、ショットが乱れるという人の謎を
2016/09/29サイエンスフィット レッスン

手元の感覚で分かる!フェースコントロール

が左右に散ってしまう原因として、まず疑うべきは、インパクト時のフェースの向きが安定していないことです。クラブを握った時点で、グリップとフェース向きの関係が一定になっていないケースもあれば
2016/05/30今さら聞けないスイングの基礎

ボールの位置で弾道は変えられる ~第4回~

となります。このポジションではスイング軸が左に倒れて、クラブのロフト角(クラブフェースが上を向いている角度)が小さくなります。従って低めの弾道となります。 前方に高い木がある時、上空に強い風が吹いてい
2017/03/07プロの目を盗め!

池越えショットの“目”を盗め! 田村尚之編

多くは“すくい打ち”です。高い弾道で池を越えようとするから、トップしたりチョロというミスが出るのです。池を越えたいと思うなら、絶対にを高く上げようとせず、むしろ池スレスレの低いを打つイメージにすると