2019/10/11ブリヂストンオープン

今平周吾が単独首位 藤田寛之ら2位浮上

たままだった。 通算10アンダーの2位にスンス・ハン(米国)、貞方章男、藤田寛之、大槻智春の4人。貞方はこの日ベストスコアの「63」、藤田と大槻も「64」と伸ばして首位争いに加わった。 ともに
2019/08/29KBCオーガスタ

小田孔明は暫定2位「メジャーの次に勝ちたい大会」

かなっていうのはいっぱいありましたけど。ま、贅沢は言わないです」と説明した。 「(出水田)二郎もいつも回っているメンバーだし、(今平)周吾も回りやすいのでいい感じでした」とペアリングにも恵まれた
2019/07/09ニッポンハムレディス

鈴木愛が2週ぶり参戦 大会は今年から4日間競技

(韓国)、賞金ランクトップを走る申ジエ(韓国)もエントリーした。4月「オーガスタナショナル女子アマ」で3位のアマチュア安田祐香(大手前)は6月「宮里藍サントリーレディス」以来の出場となる。北海道出身の小祝さくら、菊地絵理香、藤田光里らの活躍も注目される。
2019/07/07日本プロ

石川遼が3季ぶりツアー15勝目 プレーオフ制し涙

。通算13アンダーで首位に並んだハン・ジュンゴン(韓国)とのプレーオフを1ホール目で制し、2016年「RIZAP KBCオーガスタ」以来となるツアー15勝目を挙げた。石川の国内三大会優勝は初めてで
2019/05/05中日クラウンズ

「勝たないとなにも残らない」今平周吾は無念の2位

◇国内男子◇中日クラウンズ最終日(5日)◇名古屋ゴルフクラブ 和合コース(愛知)◇6557yd(パー70) 最終18番で沸き起こった歓声は、プレーオフに備えていた練習グリーンで今平周吾の耳に届いた
2019/05/05中日クラウンズ

宮本勝昌は令和初Vに「信じられない、夢みたいな気持ち」

」というスネークラインのウィニングパットは、最後のひと転がりでカップに消え、あとには歓声だけが残っていた。 「信じられない、夢みたいな気持ちだった」と宮本はいう。「今までの優勝で一番タフな最終日だっ
2019/05/05中日クラウンズ

「令和」初戦は46歳・宮本勝昌が制す 逆転でツアー12勝目

ピーター・カーミス(ギリシャ)、星野陸也、片山晋呉、藤田寛之、貞方章男、アンソニー・クワイエル(オーストラリア)の6人が並んだ。 アマチュアの金谷拓実(東北福祉3年)は2バーディ、1ボギーの「69」とし、通算4アンダー14位で4日間を終え、ローアマチュアを獲得した。
2019/05/04中日クラウンズ

「令和初に乗っかりたい」宮本勝昌は1打差追う

賞金シードを喪失した。師匠の芹澤信雄は「ここ5、6年で一番練習していたんじゃないですか。藤田寛之に負けないくらい練習していたと思いますよ」と、今季にかける宮本の姿を眺めていた。 「もし明日良い結果だっ
2018/12/31

GDO編集部が選ぶ 2018年ゴルフ10大ニュース(女子編)

2018年にGDOが配信したすべての記事から、編集部が女子の10ニュースを選出。国内外のゴルフ界を彩ったホットな話題を振り返ります。 1位 畑岡奈紗が日本人最年少で米国ツアー初優勝 畑岡奈紗が6
2018/11/11VISA太平洋マスターズ

「まるでウッズ」松山英樹が魅せた週末

見つからないまま。この日は2バーディ、4ボギー1ダブルボギーの「74」と、通算4オーバーへスコアを落とし、46位で大会を終えた。 だが、最終日に同組でプレーした藤田寛之はそんな松山をフォローした。「調子
2018/10/14日本オープン

稲森佑貴が日本オープン制す メジャーでツアー初優勝

モチベーションになる。自分の雄姿が見せられるように頑張ってプレーし続けたい」と話した。 通算12アンダーの2位にショーン・ノリス(南アフリカ)。通算8アンダーの3位に嘉数光倫と岩田寛。通算7アンダーの5位に藤田
2018/10/13日本オープン

稲森佑貴が単独首位で最終日へ 藤田寛之は3位

アンダーで単独首位に浮上した。後続に3打のリードをつけ、メジャーでツアー初優勝を飾るチャンスを引き寄せた。 通算8アンダーの2位にツアー未勝利の竹安俊也。通算7アンダーの3位に、藤田寛之と鍋谷太一が続いた
2018/10/12日本オープン

20歳アマ・桂川有人が単独首位 藤田寛之は2位

たたき出した。記録が残る1985年以降、アマチュアが日本オープン2日目を首位で終えるのは初めて。(※) 通算7アンダーの2位に日高将史、藤田寛之、稲森佑貴、梁津萬(中国)の4人。首位から出た49歳の
2017/11/14大王製紙エリエールレディス

鈴木愛は女王決定の可能性 シード争い最終章

)、同4位で前年覇者のテレサ・ルー(台湾)、同5位の申ジエ(韓国)、同6位の上田桃子は全員エントリー。残り2試合からの逆転を狙う。鈴木は予選ラウンドを上田、川岸史果と、キムはイ・ボミ(韓国)、比嘉
2017/11/11太平洋マスターズ

宮里優作が優勝戦線に再浮上 目で盗んだ先輩プロの技術

「平和PGMゴルフ」で藤田寛之の練習を眺め、「(バックスイングで手首の)コックを早く入れるイメージが“カチッと”わいた」。さっそく実戦の肝心なシーンで、成功させてみせた。 御殿場では直近2年でトップ5