2019/11/16VISA太平洋マスターズ

46歳のスイング改造 片山晋呉が3打差5位で最終日へ

。チューブが付属したベルト式の練習器具(Tour StrikerのPlane Mate)を米国から注文し、5カ月待って配達された9月末から各会場で振り込んでいる。 「(器具をつけると)最初はアイアンで
2019/08/22旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.67 スウェーデン編

巨大なウェートを押したりするトレーニングもできる器具など充実していました。 前週の「D+D レアル チェコマスターズ」は、パットが良く入った3日目の「65」が効いて18位タイで終えました。トップとは
2019/07/20サマンサタバサレディース

「素振りを毎日1000回」 工藤遥加が父の助言で3位浮上

毎日1000回しなさい』って言われました」。以降、無心でバット型の練習器具を振ることが日課になっているという。 今季は主に推薦枠や予選会などから出場する。数少ないチャンスで来季の出場権を掴みたいところ
2019/05/01中日クラウンズ

「なんとか無事に…」石川遼は“令和初戦”に滑りこみ

外競技の)岐阜オープン(4月13日)で予選落ちして、次の日に違うコースで練習したその日の夜。じわっという感じで、(翌月曜日の)朝起きてからも痛くて、練習場で打ち始めてからも痛かった」と、関節分離症と
2019/04/19東建ホームメイトカップ

罰打覚悟の動揺で…前半パーなしの岩田寛

、傷はメンテナンス器具によるもので、修復可能だった。 自身のゴルフを信じられず、ふさぎ込む時期も長かったが、「まあ最悪のときよりは、マシですけど。まだ分からないですよ。んー、どーなんでしょう。しっくりは
2019/02/18ジェネシスオープン

ホームズはパット練習実り逆転V 次週「メキシコ」行きは?

見直し、ゲートの間を通す練習に熱心に取り組み始めたばかり。「ラインに乗るようになったんだ。今週は何時間もパットを練習した」。ストローク矯正のための鏡がついた練習器具を使うなど、スタート前の…
2018/09/27トップ杯東海C

昨季下部ツアー賞金王・大槻智春は小平智の同期生

だ。開幕前のパッティンググリーン。小平智が使っていた練習器具を本人にねだったのは、日大時代に同学年だった大槻智春(おおつき・ともはる)。昨年の下部ツアーで賞金王に輝き、今季レギュラーツアーに本格参戦中
2018/06/23アース・モンダミンカップ

福田真未が2位浮上 「あまり使わない」練習用具でパット復調

cmの距離からボールを打ってその間を通すものだ。「出球のイメージがすごく出るようになり、パットが良くなった」という。 練習では「あまり器具は使わないタイプ」というが、効果がてき面に現れての優勝争い
2017/10/29マイナビABC選手権

商売道具が届かない?台風余波で“重い”決断

・PGM選手権」に出場予定の選手たちをも困惑させた。沖縄方面への宅配便に遅れが生じており、キャディバッグや練習器具を送る場合、次戦会場のPGMゴルフリゾート沖縄への到着が、早くても開幕前日の1日の
2017/05/14日本プロ日清カップ

7位と健闘!158cm上平栄道のヘッドスピードを上げる練習法

「スピード感を出すこと」をテーマにした練習に取り組み中だ。インパクトゾーンのヘッドスピードを上げる感覚をつかむため、3カ月ほど前から、通常の1Wのシャフトの先にヘッドではなくゴルフボールを装着した器具で素振り
2017/01/31WMフェニックスオープン

試合直後に6時間ドライブ 前年覇者の松山英樹が練習開始

ドライブを経て、深夜にフェニックスに入った。 30日(月)は午後3時にコースに姿を見せた後、パッティンググリーンで過ごした。練習器具を使うなどして、1時間半にわたって2メートル以内のショートパットを
2017/01/19SMBCシンガポールオープン

故障明けで好発進 高山忠洋の欲望コントロール

発症した。満身創意でなんとかシーズンを乗り切ったが、昨年12月の最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」を終了後、ラウンドしたのは年明けのハーフ2回だけ。練習場に行ったのも1回という。 今大会には「超音波
2016/09/06GDOEYE

開始3ホールで+4 マキロイはパット復調で大逆転V

」と胸を張った。 思えばその2日目の朝、パッティンググリーンで簡単なあいさつを交わしたマキロイの横で、ボールを転がしていたのは松山英樹だった。ふたりは同じような練習器具を使い、ただひたすらに2mあまりの
2016/08/06リオデジャネイロ五輪

片山晋呉が五輪コースで初練習「この芝は楽!」

練習場に顔を出すと、普段通り多くの器具を使いながらの練習を開始。「芝が日本の高麗とほとんど一緒。慣れるとかないから、この芝は楽」と初めてとなるコースの感触を確かめていた。 コースにはブラジルやスイス
2016/05/27リゾートトラストレディス

パター迷走に終止符?成田美寿々は“イメージ一変”

見えた。L字パターを使ったことで「機械的に打っていた私が、感性を生かしてラインを作るパッティングに変わってきた。曲線的にラインを作ることでボールが転がっていくイメージができる」。ジュニア時代から練習