2019/07/09

木村太一が首位発進 中島啓太は11位/日本アマ初日

1年)は桂川有人(日大3年)らとともに2アンダー11位タイで初日を終えた。 前週の「日本プロゴルフ選手権」で3シーズンぶりの優勝を飾った石川遼の実弟、石川航(日体大2年)が1アンダーの21位タイ。5月
2019/04/05Novil Cup

33歳の諸藤将次が単独首位発進/AbemaTVツアー開幕戦

がつけた。2打差の4アンダー3位に伊藤誠道、森正尚、坂本雄介の3人が並んだ。 昨年10月の「日本オープン」2日目で単独首位となり注目を集めたアマチュアの桂川有人(ユウト・日大3年)は3バーディ、2ボギーの「71」でプレー。首位と5打差の1アンダー17位で予選ラウンド2日目を迎える。
2018/12/21

日本はタイに2ptリードを許す 時松&原ペアが2連勝/日本タイ親善試合

ワタナノンド&ポルナノン・ファトラムに3&2で敗れた。市原&川岸史果は引き分け、午前同様の時松&原は4&3で日本の2勝すべてを挙げた。アマチュアの桂川有人(日本大学2年)&小祝さくらは1ダウンで負けた。 大会は3日間競技で、2日目は初日同様に午前にフォアサム4マッチ、午後にフォアボール4マッチを行う。
2018/10/13日本オープン

稲森佑貴が単独首位で最終日へ 藤田寛之は3位

。 単独首位から出たアマチュアの桂川有人(日大2年)は、後半11番のパー4で8打をたたくなど「78」と落とし、通算1アンダーの29位に後退した。 昨年2位の金谷拓実(東北福祉大2年)は46位から「67
2018/10/12日本オープン

20歳アマ・桂川有人が単独首位 藤田寛之は2位

。31位からスタートした桂川有人(ユウト、日大2年)が1イーグル、6バーディ、2ボギーの「65」で回り、通算8アンダーで単独首位に浮上した。後半12番から7つ伸ばすスパートをかけ、この日のベストスコアを
2017/11/12リゾートワールド・マニラマスターズ

M.L.シンが優勝 19歳アマ・桂川有人は17位

、キャディバッグにクラブが15本入っていたことに気づき2罰打を受けたが、以降は8バーディ(1ボギー)と伸ばして逆転優勝へとつなげた。 日本から唯一出場のアマチュア、桂川有人(19=日本大1年)は通算12アンダーの17位で4日間を終えた。
2017/11/11リゾートワールド・マニラマスターズ

地元フィリピンの23歳トップ 日大1年の桂川有人は24位

15アンダーの首位に浮上した。インドのジョティ・ランダワと並んだ。 この日ベスト「63」を出したナムチョーク・タンティポカクル(タイ)ら4選手が1打差の3位。日本から唯一出場のアマチュア桂川有人(日本大学1年/19歳)は26位から通算8アンダーの24位に上がり最終日を迎える。
2017/11/10リゾートワールド・マニラマスターズ

日大1年の桂川有人が26位に後退/アジアンツアー

、通算12アンダーでパチャラ・コンワットマイ(タイ)、J.クバン(フィリピン)に並んで首位に浮上した。 推薦で日本から唯一出場するアマチュアの桂川有人(日本大学1年/19歳)は19位から出て4バーディ、2ボギーの「70」。通算6アンダーの26位タイに後退した。
2017/11/09リゾートワールド・マニラマスターズ

日大1年アマが19位発進/アジアンツアー

した。ともにタイのプロム・ミーサワット、アーノンド・ウォンワニが1打差の7アンダー3位につけた。 推薦で日本から唯一出場する桂川有人(日本大学1年/19歳)は「68」で回り4アンダーの19位で滑り出した。
2017/11/08リゾートワールド・マニラマスターズ

惨事を乗り越えマニラ開催 日大1年のアマチュアが推薦出場

チャウラシアのほか、賞金ランクトップを走るガビン・グリーン(マレーシア)、地元フィリピンのフランキー・ミノザ、ジュビック・パグンサン、ミゲル・タブエナら。 日本からは日本大学1年のアマチュア・桂川有人(19歳)が推薦で出場する。