2019/09/30

米澤蓮と桂川有人 首位スタートから流れに乗れず

。 同じく、首位から出た桂川有人(日大3年)は2バーディ、3ボギーの「73」でプレー。通算7アンダーの8位でフィニッシュした。敗戦のキーポイントに「パー3で3パットをたたいたのが痛かった」と首位との差が2打に
2018/10/12日本オープン

20歳アマ・桂川有人が単独首位 藤田寛之は2位

。31位からスタートした桂川有人(ユウト、日大2年)が1イーグル、6バーディ、2ボギーの「65」で回り、通算8アンダーで単独首位に浮上した。後半12番から7つ伸ばすスパートをかけ、この日のベストスコアを
2019/10/01佐藤信人の視点~勝者と敗者~

男子の“黄金世代”は金谷拓実がつくる

持っていたように感じます。 東北福祉大の一学年下には今大会で5位に入った米澤蓮選手がいて、他にも8位の桂川有人選手(日大3年)、18位には昨年「オーストラリアンアマチュア選手権」を制した中島啓太選手
2019/07/09

木村太一が首位発進 中島啓太は11位/日本アマ初日

1年)は桂川有人(日大3年)らとともに2アンダー11位タイで初日を終えた。 前週の「日本プロゴルフ選手権」で3シーズンぶりの優勝を飾った石川遼の実弟、石川航(日体大2年)が1アンダーの21位タイ。5月
2019/04/05Novil Cup

33歳の諸藤将次が単独首位発進/AbemaTVツアー開幕戦

がつけた。2打差の4アンダー3位に伊藤誠道、森正尚、坂本雄介の3人が並んだ。 昨年10月の「日本オープン」2日目で単独首位となり注目を集めたアマチュアの桂川有人(ユウト・日大3年)は3バーディ、2ボギーの「71」でプレー。首位と5打差の1アンダー17位で予選ラウンド2日目を迎える。