2020/09/07

ゴルフきょうは何の日<9月7日>

2014年 岩田がプロ11年目でツアー初優勝 国内男子ツアー「フジサンケイクラシック」で岩田が2打差3位から「66」(パー71)をマークし、逆転。当時プロ11年目、33歳で初優勝を挙げ…
2020/09/04フジサンケイクラシック

首位に小田孔明ら3人 石川遼がベストスコアで3打差6位浮上

連続賞金王の今平周吾は米ツアーメンバーの小平智、2014年大会優勝の岩田、選手会長の時松隆光らとともに通算1アンダー14位。 首位から出た伊藤有志は「76」と崩れ、宮里優作、堀川未来夢らと並ぶ通算
2020/08/10記録

「全米プロゴルフ選手権」日本人成績

松山英樹5T小平智48T谷原秀人67T池田勇太予落 2016 松山英樹4T谷原秀人、池田勇太33T 2015 岩田21T松山英樹37T小田孔明72T 2014 松山英樹36T小田孔明41T石川遼予
2020/07/25記録

「全米プロゴルフ選手権」記録集

/バルタスロール・3R) タイガー・ウッズ(2007年/サザンヒルズCC・2R) スティーブ・ストリッカー(2011年/アトランタAC・1R) ジェイソン・ダフナー(2013年/オークヒルCC・2R) 岩田
2020/03/07バンダル・マレーシアオープン

星野陸也と阿久津未来也が暫定5位 54ホール短縮競技へ

7アンダー暫定11位。関藤と同組の岩田は通算6アンダー暫定20位。3ホール終えた堀川未来夢が通算5アンダーの暫定26位、6ホール終了の武藤俊憲は通算4アンダーの暫定33位と続いた。 第2ラウンド終了
2020/03/06バンダル・マレーシアオープン

阿久津未来也が暫定6位 雷雲接近で連日の順延

2ラウンドを終えたアンドリュー・ドット(オーストラリア)。1打差に同じく第2ラウンドを完了した劉ヤンウェイ(中国)が続く。 関藤直熙は9ホールを終え、通算7アンダーの暫定8位、第2ラウンドを終えた岩田
2020/03/05バンダル・マレーシアオープン

大会初日はサスペンデッド 関藤直熙が暫定2位発進

20位に岩田。2アンダー暫定31位に竹安俊也、市原弘大、木下稜介がつけた。 1アンダー暫定53位に武藤俊憲、堀川未来夢。イーブンパー暫定70位に比嘉一貴、小鯛竜也が並んだ。片山晋呉は4オーバー暫定127位と大きく出遅れた。…
2020/03/04バンダル・マレーシアオープン

5年ぶり復活のマレーシアオープンに池田勇太が参戦

、比嘉一貴、大槻智春、岩田、片山晋呉といった若手、中堅、ベテランにいたるまで試合を求めて海を渡る。 池田勇太、武藤俊憲、浅地洋佑らアジアンツアーと共催の国内ツアー競技を制している面々も優勝者の資格で
2019/11/03マイナビABC選手権

ハン・ジュンゴンが4年ぶり4勝目 今平周吾は1打及ばず

「69」で、1打差の2位に終わった。 米ツアーが主戦場の小平智が通算16アンダーの3位。岩田、藤田寛之、リチャード・ジョン(カナダ)が通算14アンダーで4位に入った。通算13アンダー7位にイ・サンヒ(韓国)、トッド・ペクら…
2019/11/02マイナビABC選手権

今平周吾が今季2勝目へ単独首位浮上 2打差に小平智

アンダー3位に「62」でプレーした小平智が続いた。 首位で出た岩田は「70」とし、藤田寛之と並び通算12アンダー4位に後退した。 通算11アンダー6位に阿久津未来也、トッド・ペク(米国)、ガン
2019/11/01マイナビABC選手権

岩田寛が首位キープ 後続に2打差

岩田が4バーディ、1ボギーの「69」でプレー。通算10アンダーとし、「65」をマークしたチョ・ミンギュ(韓国)と並び首位をキープして大会を折り返した。 2打差の通算8アンダー3位にハン・ジュンゴン
2019/10/31マイナビABC選手権

岩田寛が首位発進 今平周吾は17位

岩田が7バーディ、ノーボギーの「65」でプレー。7アンダーでウォンジョン・リー(オーストラリア)と並び首位発進を切った。 岩田は「ティショットはそんなに良くなかったし、内容も特別に良い感じはしない
2019/10/17日本オープン

B.ジョーンズ首位発進 星野陸也が1打差2位

岩田、比嘉一貴、藤本佳則が1アンダーの3位に並んだ。 2季連続の賞金王に向け、同ランキング1位の今平周吾や藤田寛之、塩見好輝らがイーブンパーの7位につけた。 前回古賀ゴルフ・クラブで開催された08年