2019/11/03

河本結と山口すず夏が米ツアー来季出場権を獲得

◇米国女子◇Qシリーズ 最終日(2日)◇パインハーストNo.9 (ノースカロライナ州)◇6452yd(パー71) 米国女子ツアーの最終予選会「Qシリーズ」で、河本結が9位タイ、山口すずが16位タイ
2019/10/11

最優秀新人にイ・ジョンウン6 「全米女子OP」で初優勝

・ジンヨンに次いで5年連続となる。「そのリストに加わることを誇りに思うし、すべては先達のおかげ。シーズン終盤に向けて、さらにパフォーマンスを上げていきたい」とコメントした。 日本勢では山口すずが今季ポイントレースの対象で、前週までに48ptで21位としている。
2019/10/05ボランティア・オブ・アメリカクラシック

38歳シャープが首位タイ浮上 横峯さくら5打差20位

バーディ、2ボギーで2日連続の「69」とし、首位と5打差の通算4アンダー20位で決勝ラウンドに進んだ。 前年覇者のパク・ソンヒョン(韓国)は通算2アンダーの32位、上原彩子は通算イーブンパーの45位とした。 山口すずは通算6オーバーの101位で予選落ちした。
2019/09/27インディ女子インテック選手権

横峯さくらが2打差2位発進 5連続バーディ「65」

ベストスコア「65」をマークし、首位と2打差の7アンダー2位で発進した。 ハー・ミジョン(韓国)が「63」でプレーし、9アンダーの首位に立つ。 前年覇者のパク・ソンヒョン(韓国)は2アンダーの38位で初日を終えた。上原彩子と山口すずはイーブンパーの69位と出遅れた。
2019/09/26インディ女子インテック選手権

優勝者は牛乳で祝福 「インディ500」隣接コースに横峯ら登場

500」と同じように地面のレンガにキスし、牛乳を飲んで勝利を祝うのが慣習となっている。 大会連覇が懸かる世界ランキング2位のソンヒョン、キム・セヨン(韓国)、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)がいずれも今季3勝目を狙う。日本勢は横峯さくら、上原彩子、山口すずが参戦する。
2019/08/31ポートランドクラシック

畑岡奈紗は27位に後退 グリーン独走首位

。5位から出た畑岡奈紗は5バーディ、4ボギーの「71」でプレー、通算7アンダーで27位に後退した。横峯さくら、世界ランキング1位のコ・ジンヨン(韓国)も同じく27位。 大会連覇を狙うマリナ・アレックスは通算9アンダー15位。山口すずは通算1アンダーで予選落ちした。
2019/08/30ポートランドクラシック

畑岡奈紗2打差5位発進 首位にグリーン

.スティーブンソンらと並んで6アンダー5位とした。 横峯さくらが2週連続優勝を目指す世界ランキング1位のコ・ジンヨン(韓国)と並んで4アンダー24位。上原彩子が3アンダー34位とした。 大会連覇を狙うマリナ・アレックスは2アンダー52位。山口すずはイーブンパー89位で初日を終えた。
2019/08/28ポートランドクラシック

米女子ツアーは西海岸に 畑岡、上原らがランク上位に挑む

・ジンヨン(韓国)をはじめ、パク・ソンヒョン(同)、レキシー・トンプソンらトップ選手が集結する。 日本勢は前週5位の畑岡奈紗を筆頭に、前年大会で3位に入った上原彩子、横峯さくら、山口すずが出場する。
2019/08/24カナディアンパシフィック女子オープン

畑岡奈紗11位 横峯さくら15位で決勝へ

奈紗は4バーディ、1ボギーで連日の「69」とし、通算6アンダーの11位につけた。横峯さくらは通算5アンダーの15位、上原彩子は通算4アンダーの25位で決勝ラウンドに進んだ。 山口すずは通算3オーバーの110位で予選落ちした。
2019/08/23カナディアンパシフィック女子オープン

前年覇者B.ヘンダーソンが1打差2位発進 畑岡奈紗16位

アンダーの16位とした。横峯さくらは2アンダーの30位、上原彩子は1アンダーの46位につけた。 山口すずは3オーバーの112位と出遅れた。野村敏京は途中棄権した。
2019/08/05AIG全英女子オープン

渋野日向子は米ツアー参戦を見送る意向「日本でまだ下っ端」

には消極的。ただし、20年シーズンを迎える前に改めてメンバーに登録することもできる。 現在の日本勢の米女子ツアーメンバーは通算3勝を挙げている畑岡奈紗と野村敏京のほか、上原彩子、横峯さくら、山口すずがいる。
2019/07/25エビアン選手権

初のメジャー獲りへ畑岡奈紗「難しい2週間に」

心を強調した。「難しい2週間になると思う。ただ普通の試合と思い、やりたい」と話した。 「調子は思うようになっていない」と左右に散るショットに不安がある。山口すずと組んだチーム戦の前週「ダウ
2019/07/19ダウグレートレークスベイ招待

クリーマー&プレッセルらが首位 畑岡&山口は予選落ち

した。チョン・インジ(韓国)とリディア・コー(ニュージーランド)のペアが通算8アンダーの10位タイ。 最下位になる71位で出た畑岡奈紗と山口すずは「64」と伸ばしたが、通算3オーバーの67位タイで予選落ちした。 3日目は初日と同じペアでひとつのボールを交互に打つフォアサム形式で行われる。
2019/07/18ダウグレートレークスベイ招待

新規大会のチーム戦 畑岡奈紗&山口すず夏は最下位発進

、モリヤ・ジュタヌガン&アリヤ・ジュタヌガンのタイの姉妹ペアはイーブンパーの20位。 畑岡奈紗&山口すずは1バーディ、6ボギー2ダブルボギーの「79」で9オーバーとし、最下位になる71位になった。 競技は