2011/11/30サイエンスフィット

初心者は理屈よりもまずカタチから!

ゴルフを始めてまだ5ヶ月程度という女性初心者が、今回の受講者。特に、ドライバーが全然当たらないというのが悩みだが、サイエンスフィットに訪れる初心者には、まずスイングの骨組みとなるポイントを手ほどき
2014/03/19サイエンスフィット

グリップだけでこんなに直る!!

飛距離アップや方向性の安定はもちろんだが、スイングの見た目を美しくしたいという願望もあるはず。今回は、スライスとともに、フォローで引けてしまう左肘を直したいという女性が登場。フォローで左肘が引けるの
2013/04/24サイエンスフィット

半年間でプロ並みのスイングに大改造!

当初は、テークバックでクラブがシャフトラインよりも下に行き、クラブが寝て、大きくすくい上げるようなスイングでしたよね。テークバックでシャフトラインの下に行くのは、女性に多い特徴ともいえます。しかし
2012/11/07サイエンスフィット

インパクトで頭を残すべきか否か??

』好評発売中! ・PRGR GINZA リニューアルオープン! 今回の受講者は・・・ ヘッドスピードは32m/sで、女性の平均である30m/sを上回っていて、飛距離は170ヤード近く出ています。この
2012/01/11サイエンスフィット

ゼロからプロのようなスイングへ(2)

受講者は・・・ 前回は、女性初心者特有の担ぎ上げる癖がありましたが、かなり練習をされているようで、だいぶ体で振る感じが出てきていますよ!上半身と腕とクラブを一体にして振り、腰だけで振る感覚がつかめてきた
2012/10/03サイエンスフィット

【3ヶ月集中特訓企画】目指せ!35ヤードアップ!(1)

つけるもう一つ方法(2) 前傾姿勢をとらずに、胸をターゲットと反対方向に向けたら、そこで初めて前傾姿勢を作ってみましょう。足の付け根から、上体を前傾させるだけなので、当然、上体・腕・クラブの位置関係は
2020/10/09中古ギア情報

「SIM グローレ」の登場で歴代グローレがお買い得に

テーラーメイドから「SIM グローレ ドライバー」が10月9日に発売された。「グローレ シリーズ」は日本のゴルファー向けに開発されたモデル。根強い人気を誇る住友ゴム工業の「ゼクシオ シリーズ」の対抗
2013/12/25サイエンスフィット

距離で頭を切り替えるパット術

距離感に集中すべきなのに、ラインに気を取られて、大きくオーバーしたり全然ショートだったり。方向取りに細心の注意を払うべきなのに、そもそも狙った方向に構えられていなかったり。フェースの向きが違ったり。パッティングが苦手な人は、ストロークの改善以前に、距離によって…
2013/12/11サイエンスフィット

実戦で生きるグリップルーティン!

打ちっぱなしでは好調だったのに、コースでは予想外に乱れる。練習場では出なかったような大きなミスに見舞われる。そんな経験ありませんか?コースで乱れてしまう大きな原因の一つはセットアップの乱れ。方向取りが狂ってしまったり、グリップした時点でフェースの向きが一定しな…
2012/11/28サイエンスフィット

【3ヶ月集中特訓企画】目指せ!35ヤードアップ!(2)

前回はハーフバックで正しいレールに乗せることを改善し、その後、アドレスの修正などを加えて、ほどなくインサイドアウト&アッパーブローの理想のAゾーンスイングとなったKさん。ハーフバックが乱れるアベレージスイングを脱し、スイング作りの土台ができたところから、いよい…
2015/06/24サイエンスフィット レッスン

正しいコックでこんなに変わる!

スイングの効率を高める大きなポイントとなります。コックが上手く使えない人が、飛ばそうとすると、テークバックでスウェーしたり、余計な動きが生じることが多いものです。今回は、飛距離に悩む女性ゴルファーが登場
2016/09/29サイエンスフィット レッスン

手元の感覚で分かる!フェースコントロール

球が左右に散ってしまう原因として、まず疑うべきは、インパクト時のフェースの向きが安定していないことです。クラブを握った時点で、グリップとフェース向きの関係が一定になっていないケースもあれば、テークバックでのフェースコントロールが不安定になっているケースもありま…
2013/07/10サイエンスフィット

掴まるグリップで30ヤードアップ

、途端に軌道までも一気に改善する場合もある。今回は、ドライバーやフェアウェイウッドが右にばかり行くと悩む女性が登場。なんと、グリップを修正しただけで軌道が改善し、飛距離も30ヤードアップ!! 今回の受講
2013/05/22サイエンスフィット

長尺に最適なスイングで飛距離アップ!

、ドライバーの飛距離に悩む女性が登場。長尺を生かスイングのポイントを速習し、なんと軽く30ヤードアップを実現しました! 今回の受講者は・・・ サイエンスフィットでは、まずダウンスイングの軌道を正すことが