2019/09/25elite grips challenge

阿久津未来也が首位タイ発進/AbemaTVツアー

」でプレー。4アンダーでアーノンド・ウォンワニ(タイ)と並んで首位発進を決めた。 3アンダー3位に白佳和、杉山知靖、日高将史ら6人。2アンダー9位に植竹勇太、北村晃一、荒井雅彦らがつけた。 前週
2019/09/11ディライトワークスASPチャレンジ

雷雨でサスペンデッド 玉城海伍が暫定首位

。 上村竜太が7アンダーでホールアウト。丸山大輔、海老根文博らが5アンダー。平塚哲二、北村晃一らが4アンダーで続いた。 第1ラウンドは12日午前7時に再開の予定。
2019/07/06日本プロ

石川遼ら3人が首位 最終日は2009年以来の36ホール

「67」でプレー。通算10アンダーで北村晃一、ハン・ジュンゴン(韓国)と並んで首位で決勝ラウンドに進んだ。 1打差の4位にショーン・ノリス(南アフリカ)がつけた。8バーディ、1ボギーの「64」をマークし
2019/07/05日本プロ

北村晃一が注ぐ、右肩が上がらなくなるほどの愛情

プロゴルフ協会後援競技優勝者」の資格で出場する34歳の北村晃一が5バーディ、ボギーなしの「66」でプレー。通算5アンダーとして、首位と1打差の4位で第1ラウンドを終えた。 前半11番でラフから残り136
2019/04/17i Golf Shaper Challenge in 筑紫ヶ丘

川崎志穂が男子下部ツアーで「73」の70位発進

シーズン第2戦が17日、開幕した。34歳の北村晃一がボギーなしの8バーディ「64」でプレーし、8アンダーの単独首位に立った。 新木豊とダンタイ・ブーマ(タイ)の2人が6アンダーとして2打差の2位につけた
2018/11/25カシオワールド

香妻陣一朗は一歩届かず 賞金シード喪失

カップ」(東京よみうりカントリークラブ)を残した時点の賞金シード選手が決定した。香妻陣一朗、北村晃一らが規定の賞金ランキング上位65人(出場義務試合数に達しない3人を除く68位まで)に入れず、シード落ちが
2018/09/05日本オープン

63歳・室田淳らが本戦出場権を獲得/日本オープン最終予選会

、尾崎翔太(アマ)、梅山知宏、斉藤慎、石坂友宏(アマ) ◇3Bブロック(小野東洋GC) 新井隆一(アマ)、日高将史、北村晃一、金子優将(アマ)、小木曽喬、成冨晃広、白佳和、金井泰司、比嘉拓也、日高裕貴、小西貴紀、廣田恭司、上平栄道、西悠太
2017/11/27カシオワールド

10人がシード初獲得 フル資格の竹安俊也は勉強熱心

俊也(56位)の5人が第1シードを獲得した。出水田大二郎(66位)、北村晃一(72位)、池村寛世(74位)、日高将史(75位)、デービッド・ブランスドン(78位/オーストラリア)が第2シードを手にした
2017/11/22topics

ゴルフは何歳から始めさせるのがベスト?

歳~」という結果に。どちらも意外に遅いように思える数字が並んだ。 男子ツアーの最年少は、片山晋呉と香妻陣一朗の2歳~。チェ・ホソン(韓国)の25歳~というのが際立って遅く、日本人では北村晃一の22歳
2017/08/24GDOEYE

ツアー初の演出! 登場曲“勝手に”ランキング

好輝 「夏の思い出(ケツメイシ)」 北村晃一 「あー夏休み(TUBE)」 まずは、夏!ということで、夏っぽい歌を選んだこの2人。「もう夏も終わりですけどね」と笑う塩見だが、爽やかな楽曲が本人の雰囲気
2017/05/21関西オープン

北村晃一は自己ベストの4位「単独2位も意識した」

◇国内男子◇関西オープンゴルフ選手権競技 最終日(21日)◇城陽カントリー倶楽部(京都府)◇7037yd(パー71) 初日に2位の好スタートを切った北村晃一が、最終日に4バーディ、2ボギーの「69
2017/05/21関西オープン

今平周吾が完全優勝でツアー初V 後続を6打差圧倒

に片岡大育。通算2アンダーの3位にスンス・ハン(米国)。北村晃一と、デービッド・ブランスドン、カート・バーンズ、ブラッド・ケネディのオーストラリア勢3人が通算1アンダーの4位に入った。 3週連続優勝の
2017/05/18関西オープン

行列はまだだけど…2位発進の北村晃一に漂う大物感

◇国内男子◇関西オープンゴルフ選手権競技 初日(18日)◇城陽カントリー倶楽部(京都府)◇7037yd(パー71) 狙い通りのフィニッシュに、北村晃一は“してやったり”の笑顔を見せた。16番でボギー
2016/10/13太平洋クラブチャレンジトーナメント

ホールインワンを決めた石渡和輝が首位に立つ

た。 4アンダーの2位に森田徹と北村晃一。さらに1打差の4位には、前週チャレンジ優勝で下部ツアー賞金トップの塚田好宣や丸山大輔ら10人が並んでいる。 全15戦の今季下部ツアーの14戦目。賞金ランク上位10人までには来季レギュラーツアーの出場資格が与えられる。