最近のニュース 新着一覧≫


2020/01/23ギアニュース

ヨネックスが「EZONE GT」シリーズの新モデルを発表

ヨネックス株式会社(本社・東京都文京区)は、飛距離追求型の主力商品となる「EZONE GT(イーゾーン ジーティー)」シリーズの新モデルを、3月中旬より発売することを発表した。 「EZONE GT
2018/01/14ツアーギアトレンド

池田勇太は最新アイアンで全勝 ヨネックス『EZONE CB501』

戦も、5バーディを奪ってロス・フィッシャー(イングランド)に1アップで勝利し、チーム内で世界ランキング最上位(36位)の意地をみせた。 今年初の実戦となった池田だったが、今週はヨネックス社のニュー
2019/05/10中古ギア情報

じわじわ人気上昇中の日本製アイアン

クラブ契約をしないツアープロが増えている。そんな彼らの間で、男女を問わず人気が高まっているのが、ヨネックスの軟鉄鍛造アイアンだ。 ヨネックスのクラブはヘッドの成型や塗装、シャフトの装着に至るすべての
2017/03/07マーク金井の試打インプレッション

ヨネックス ロイヤル EZONE ドライバー

まだまだ飛距離を諦めないベテランゴルファーが、これから飛距離の全盛期を迎えられるように開発されたのが『ヨネックス ロイヤル EZONE ドライバー』。「飛距離が落ちてきた」と感じていたゴルファーが
2018/03/01HOTLIST2018

シャフトに初めての素材 ヨネックス EZONE GT アイアン

ヨネックス EZONE GT 総評 通常、アイアンにおいてシャフトが論点になることはない。しかし、ゴルフの世界で初めて使用された素材となれば、話は別である。このアイアンのシャフトには、グラファイト
2019/06/03優勝セッティング

7番アイアンが2本 契約フリー池田勇太がこだわる14本

そのこだわりが透けて見える。ロングアイアン(5番~7番)がいわゆる“飛び系”といわれる「キャロウェイ APEX アイアン(2019年モデル)」。ミドル~ショートアイアン(7番~AW)が「ヨネックス
2018/01/18ギアニュース

池田の新アイアン「EZONE CB 501 フォージド」は3月発売

ヨネックス(東京都文京区)は「EZONE CB 501 フォージド アイアン」を3月下旬に発売すると発表した。前週行われた欧州アジア対抗戦「ユーラシアカップ」で池田勇太が使用したモデルだ。 以前から