2020/01/23ギアニュース

ヨネックスが「EZONE GT」シリーズの新モデルを発表

ヨネックス株式会社(本社・東京都文京区)は、飛距離追求型の主力商品となる「EZONE GT(イーゾーン ジーティー)」シリーズの新モデルを、3月中旬より発売することを発表した。 「EZONE GT
2019/05/10中古ギア情報

じわじわ人気上昇中の日本製アイアン

クラブ契約をしないツアープロが増えている。そんな彼らの間で、男女を問わず人気が高まっているのが、ヨネックスの軟鉄鍛造アイアンだ。 ヨネックスのクラブはヘッドの成型や塗装、シャフトの装着に至るすべての
2016/06/28マーク金井の試打インプレッション

ヨネックス EZONE XPG ドライバー

ヘッドスピード43m/sのアマチュアゴルファーが290y飛ばした!という広告で話題となった『ヨネックス EZONE XPG ドライバー』。今、カーボンコンポジットヘッドが話題だが、ヨネックスはそれ
2011/03/22マーク金井の試打インプレッション

ヨネックス EZONE タイプ 450 ドライバー

ヨネックスが得意とするコンポジットヘッド構造を採用した最新ドライバー「ヨネックス EZONE タイプ 450」。従来との性能差を調査すべくマーク金井が立ち上がった。 ・スピンを減らして飛距離を稼ぎ
2016/11/15マーク金井の試打インプレッション

ヨネックス EZONE XPG タイプHD ドライバー

「ヘッドスピード43m/sで290y飛んだ」という動画が話題となったヨネックス EZONE XPG ドライバー。その飛距離を更に上回るべく、ボールに喰いつき、力強い高弾道で飛ばせる機能を満載した
2015/03/24マーク金井の試打インプレッション

ヨネックス EZONE Tri-G ドライバー

昨年の賞金女王アン・ソンジュが、今シーズンから使っている『ヨネックス EZONE Tri-G ドライバー』。スピン・コントロールを念頭に置いて開発され、様々なゴルファーに合わせた最適スピン量に調整
2017/03/07マーク金井の試打インプレッション

ヨネックス ロイヤル EZONE ドライバー

まだまだ飛距離を諦めないベテランゴルファーが、これから飛距離の全盛期を迎えられるように開発されたのが『ヨネックス ロイヤル EZONE ドライバー』。「飛距離が落ちてきた」と感じていたゴルファーが
2013/05/21マーク金井の試打インプレッション

ヨネックス i-EZONEドライバー

ツートンカラーのデザインで人目を引く「ヨネックス i-EZONEドライバー」。今年、浅重心のモデルが流行る中、お得意のカーボン素材の利点を生かした超・深重心設計で挑んだクラブ評価はどうなのか。クラブ
2013/08/20マーク金井の試打インプレッション

ヨネックス i-EZONEドライバーTX

ヨネックスの最新技術と素材を駆使して開発された「i-EZONEドライバー TX」。2013年は2モデルを発表したが、今回は上級者向けのモデルにフォーカスをあてた。クラウン部分やシャフトに使われている
2013/11/26マーク金井の試打インプレッション

ヨネックス EZONE XP ドライバー

をターゲットにしたクラブがヨネックスから登場したのを見逃すはずはない。今回その実力を徹底検証する。 ・ドライバーが苦手なゴルファー ・高弾道で飛距離を稼ぎたい人 ・軽過ぎないドライバーを使いたい人
2013/08/06マーク金井の試打インプレッション

ヨネックス レクシス カイザ

ヨネックスのカーボン技術を結集したシャフト「レクシス シリーズ」。2008年に発売されて以来、ツアーで3勝を挙げるなどプロからの評判が高いシャフトだ。今夏に発表された最新シャフト「レクシス カイザ
2014/09/02マーク金井の試打インプレッション

ヨネックス レクシス カイザD

ドローで飛ばせというゴルフ雑誌のキャッチコピーを見るたびに、スライサーはドローへの憧れを抱いている。2014年4月にヨネックスからヘッドスピード38m/s以上のドロー系志向ゴルファーへ向けたシャフト
2019/06/03優勝セッティング

7番アイアンが2本 契約フリー池田勇太がこだわる14本

そのこだわりが透けて見える。ロングアイアン(5番~7番)がいわゆる“飛び系”といわれる「キャロウェイ APEX アイアン(2019年モデル)」。ミドル~ショートアイアン(7番~AW)が「ヨネックス
2009/04/21マーク金井の試打インプレッション

ヨネックス ナノブイ ネクステージ TYPE 460 ドライバー

・スライサーと相性がよい 石川遼の契約によって一気に注目を集めているヨネックス。その最新シリーズはヘッドが2種類ラインアップ。どちらもクラウン部分はカーボン素材が採用されているが、大きさ、形状は
2011/12/06マーク金井の試打インプレッション

ヨネックス レクシスNP Mシリーズ

立ち上がった。 ・しなりが大きめのシャフトを好む人 ・シャフトの重量フローにこだわる人 ・キックポイントにこだわるゴルファー クラブメーカーであるヨネックスが、シャフト単体で売り出す「レクシス」シリーズ