2019/11/02topics

最新シャフト4本を打ち比べてみた ~2019年版~

「G410 PLUS ドライバー」、ヤマハ「RMX 120 ドライバー」。「ZF」も同じく「G410」「RMX」と合うが、ほかにテーラーメイド「M6 ドライバー」やキャロウェイ「エピック フラッシュ
2019/10/29マーク金井の試打インプレッション

シリーズ史上最高の高弾道で飛ばす「UST マミヤ ATTAS JACK」

M3ドライバー シャフト先端のしなり量は多めだが、挙動が安定しているので、慣性モーメントが大きなドライバーとの相性が良く仕上がっている。 具体的にはピンのG410シリーズ、ヤマハの「RMX 220
2019/10/15優勝セッティング

新作1Wもテスト中 今平周吾はシーズン中盤から3W投入

)に落ち着いている。 夏場以降、ヤマハの新作1W、「RMX 120ドライバー」のテストも重ねており、2年連続の賞金王に向けて調子は上々。2週後の日米ツアー共催「ZOZOチャンピオンシップ」にも照準を
2019/09/17マーク金井の試打インプレッション

しっかり叩けて操作性が高い「スピーダー エボリューション 6」

。 具体的にはピンの「G410」シリーズ、ヤマハの「RMX 220」、プロギアの「RS RED」、テーラーメイドの「M6」、タイトリストの「TS1」などに組み合わせると、ヘッドの性能をうまく引き出してくれそうだ。 (※下記の弾道計測データは、…
2019/09/03マーク金井の試打インプレッション

飛び系アイアンと好相性「日本シャフト NSプロ 950GH neo」

、ブリヂストンの「ツアーB JGRシリーズ」、キャロウェイの「エピック フォージド スター アイアン」、ヤマハの「インプレス UD+2 アイアン」、ダンロップの「ゼクシオ クロス アイアン」といったあたりか。 (※下記の弾道計測データは、ヘッ…
2019/08/26新製品レポート

曲がりづらい低スピン系に進化 ヤマハ RMX 120 ドライバー

ヤマハのアスリート向けモデルを知っている人から見ると、ビックリするぐらいにヘッド形状も変わっています。前作までは伝統的なハイバック形状でしたが、「RMX 120」ではシャローバック形状が採用されていて
2019/02/02クラブ試打 三者三様

インプレス UD+2 アイアン/ヘッドスピード別試打

売り上げ好調の「飛び系アイアン」、前作と比べてどう? 2018年10月に発売され、ことしに入ってもいまだ売り上げ好調なのがヤマハの「インプレス UD+2」シリーズだ。 特に「インプレス UD+2
2018/12/27ツアーギアトレンド

年間勝利数が最も多かったドライバーは?/国内女子

) 鈴木愛、比嘉真美子ら ・住友ゴム工業/スリクソン、ゼクシオシリーズ4勝(-1) 香妻琴乃、勝みなみら ・グローブライド/4勝(+1) ・テーラーメイド/3勝(-3) ・PXG/3勝(+3) ・ヤマハ/2勝(+2) ・プロギア/2勝(+1)…
2018/12/24ツアーギアトレンド

年間勝利数が最も多かったドライバーは?/国内男子

、エピックシリーズ 5勝(+4) 市原弘大、重永亜斗夢ら テーラーメイド Mシリーズ 5勝 (-2) 木下裕太、チェ・ホソンら ピン 2勝(-5) ヤマハ 2勝(+1) プロギア 2勝(同) タイトリスト 1勝(+1) ミズノ 1勝(-1)
2018/11/03クラブ試打 三者三様

インプレス UD+2 ドライバー/ヘッドスピード別試打

最新UD+2は前作と比べてどう変わった? 2番手上の飛距離を実感できるクラブとして、2017年モデルからシリーズ化したヤマハ「UD+2」。さらにぶっ飛び性能をアップさせ、リニューアルした「インプレス
2018/10/26中古ギア情報

賞金トップのセッティングを中古で探してみる

、バーディ率1位の精度の高いアイアンショットから生まれるのだろう。では今平の使うクラブをチェックしてみよう。 ドライバーは、契約先の「ヤマハ RMX 116 ドライバー」を使用。最新モデルではないが