2015/09/08マーク金井の試打インプレッション

ブリヂストンゴルフ J015 ドライバー

最高の一打を追求するため、ブリヂストンスポーツ認定の工房でゴルファーのスイングを見つめ、弾道を分析し、最高の一本に仕上げるべく開発された『ブリヂストンゴルフ J015 ドライバー』。このシリーズは
2021/09/07優勝セッティング

「一番は顔で選ぶ」 吉田優利の優勝ギア

と安定していた。 ブリヂストン ツアーB JGR ドライバーなど、契約するブリヂストンを中心に揃えた14本。クラブ選びのこだわりについて「一番は顔で選ぶ。構えて違和感なければすぐに使います。3球とかで
2016/10/18マーク金井の試打インプレッション

ブリヂストン TOUR B XD-5 ドライバー

ブリヂストンゴルフがアスリートゴルファーの熱い思いに答えるべく立ち上げた新しいブランド、それがTOUR-Bシリーズ。その中でも『TOUR B XD-5 ドライバー』は、飛距離と操作性に加えて許容性を
2014/08/19マーク金井の試打インプレッション

ブリヂストン J715 B3 ドライバー

アスリートゴルファーに衝撃を与え、新たにワールドワイドブランド、「ブリヂストンゴルフ」をスタートさせたブリヂストン。クラブアナリストのマーク金井が気合の入った新しいドライバー、ブリヂストンゴルフ
2014/09/16マーク金井の試打インプレッション

ブリヂストン J715 B5 ドライバー

ワールドワイドブランド“ブリヂストンゴルフ”をスタートさせたブリヂストンが気合を入れて発売したドライバーJ715シリーズ。今後全ゴルファーに向け幅広く展開する“ブリヂストンゴルフ”の中でも
2017/08/01ヨーロピアンツアー公式

WGCブリヂストン招待の大会アラカルト

ヨーロピアンツアーがオハイオ州アクロンの有名なファイヤーストーンCCへと移動する今週は、世界ゴルフ選手権第3戦の「WGCブリヂストン招待」が開催される。ここに、同大会に関して知っておくべき全ての情報
2017/01/10マーク金井の試打インプレッション

ブリヂストン TOUR B XD-3 ドライバー

発売以来、アスリートゴルファーの支持を集めるブリヂストンTOUR BのXDシリーズ。3種類のヘッドが用意されていて、その中でも『TOUR B XD-3 ドライバー』は、顔や打感にこだわりつつ、飛距離
2015/03/31マーク金井の試打インプレッション

ブリヂストン J815 ドライバー

ひと目で分かる派手な色と、デザインで話題の『ブリヂストン J815 ドライバー』派手に飛ばせると話題だ。噂の飛距離性能の真相を、クラブアナリストマーク金井が、徹底試打検証する。 ・無駄なスピンを
2021/06/29優勝セッティング

うまい選手はピンパター? “昭和”な木下稜介の連勝ギア

通算25アンダーまで伸ばし、最後は時松隆光とのプレーオフを制して2試合連続優勝を飾った。 悲願の初タイトルとなった3週前の「日本ツアー選手権 森ビル杯」とバッグの中身は同じ。練習ラウンドではブリヂストン
2021/07/13優勝セッティング

パターはトラス 今秋発売の3UTも投入 堀琴音の優勝ギア

最終日の平均パット数は全体3位の25パット、計4日間では27.75パットとした。 さらにバッグの中には今秋発売予定で、まだ情報が解禁されていないブリヂストンゴルフの3番ユーティリティが入っていた
2015/07/14マーク金井の試打インプレッション

ブリヂストンゴルフ J15 CB アイアン

ブランド名がブリヂストンゴルフに変更され、大きな期待とともに世に送り出された『ブリヂストンゴルフ J15 CB アイアン』。ベーシックな外観、アスリートを満足させる性能の高さが評価され、「HOT
2016/03/29マーク金井の試打インプレッション

ブリヂストンゴルフ PHYZ ドライバー(2016年)

ゴルファー1人ひとりが飛ばせるよう、3球打つだけで最適なスペックを見つけてくれるPHYZスマート・フィッティングにより、重心アングルとシャフト特性をセミオーダーできる『ブリヂストンゴルフ PHYZ
2010/01/19マーク金井の試打インプレッション

ブリヂストン ツアーステージ X-DRIVE 703

多くのツアープロから信頼を得ているブリヂストンの「ツアーステージ Xシリーズ」。2010年モデルはどのように進化したのかを調査すべく、シングルハンデの腕前を持つマーク金井がハードなスペックに
2010/10/26マーク金井の試打インプレッション

ブリヂストン ツアーステージ X-DRIVE 705 Type455

プロ・上級者から長年の間、高い支持を得ている「ブリヂストン ツアーステージ Xシリーズ」。今回の「705」は、ヘッド体積を若干小さくし、構えやすさやフィーリングを重視したとのことだが、その真実を調査
2013/04/16マーク金井の試打インプレッション

ブリヂストン TOURSTAGE X-DRIVE 709 D450

ツアープロの御用達モデルである「ブリヂストン TOURSTAGE X-DRIVE」シリーズ。今回、3モデル用意される「X-DRIVE」のなかで、もっともヘッド体積が450ccと大きいモデルに