2019/05/19全米プロゴルフ選手権

「全米プロ」最終日 組み合わせ&スタート時刻

クヌルジョナサン・ベガス 1 12:10 1:10 ベン・クックスコット・ピアシー ブライアンゲイ 1 12:21 1:21 トーマス・ピータース パットン・キザイア アダム・ハドウィン 1 12:32 1:32
2019/10/07シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

ケビン・ナがプレーオフを制して大会2勝目 松山英樹16位

アンダーの3位にパット・ペレス。通算20アンダーの4位にはブライソン・デシャンボー、アダム・ハドウィン、ブライアン・スチュアードの3人。通算19アンダーの7位にブライアンゲイ、ウェブ・シンプソンの2人
2018/06/11全米オープン

「全米オープン」最終ラウンド組み合わせ

) イアン・ポールターブランデン・グレース 13:29(2:29) ティレル・ハットンディラン・マイヤー 13:40(2:40) ブライアンゲイジム・フューリック 13:51(2:51) パトリック
2018/08/12全米プロゴルフ選手権

「全米プロ」組み合わせ

・スミスピーター・ユーライン 8:29 ポール・ダンJ.B.ホームズディラン・フリッテリ 8:40 チャールズ・ハウエルIIIジェイソン・シュムールブライアン・ゲイ 8:51 デビッド・マティットオリー
2019/04/29チューリッヒクラシック

ラーム&パーマーが優勝 ツアー唯一のダブルス大会を制す

ウッド(イングランド)。通算21アンダーの3位タイにアン・ビョンフン(韓国)とマット・エブリー、ブライアンゲイとロリー・サバティーニ(スロバキア)の2組が並んだ。 前年優勝のビリー・ホーシェルとスコット・ピアシーは通算18アンダーの13位に終わった。
2019/02/08AT&Tペブルビーチプロアマ

ミケルソン、デイが1打差3位発進 チェ・ホソンは出遅れ

/パー71=すべてカリフォルニア州) 3日間で3コースを回る予選ラウンドが開始され、モントレーペニンシュCCを回ったブライアンゲイとスコット・ラングレーが「64」をマークし、7アンダーの首位発進を
2018/06/11記録

「全米オープン」出場選手&資格

ガン・ブラッドリー ブライアンゲイ マイケル・パットナム シュバンカー・シャルマ ラッセル・ノックス パトリック・ロジャース ウィリアム・ザラトリス ハロルド・バーナーIII オリー
2018/08/19ウィンダム選手権

松山英樹は「64」で暫定22位 悪天候により翌日順延

。 通算13アンダーの暫定2位にブライアンゲイ(12H消化)。通算12アンダーの暫定3位にトレイ・マリナックス(12H)、キース・ミッチェル(8H)、パン・チェンツェン(台湾/7H)、D.A.ポインツ
2018/06/30クイッケンローンズ・ナショナル

ウッズ「65」で11位に浮上 首位と4打差で決勝進出

、ライアン・アーマー、ブライアンゲイの3人が並んだ。1打差の4位にフランチェスコ・モリナリ(イタリア)とビリー・ホーシェルが続き、首位から1打差に5人がひしめく混戦のまま週末へ折り返した。 通算7アンダー
2018/05/19AT&Tバイロン・ネルソン

松山英樹が「63」で急浮上 20位で決勝進出

位タイで決勝ラウンドに進んだ。 マーク・レイシュマン(オーストラリア)が「66」でプレーし、通算15アンダーで初日からの首位を守った。1打差の2位にアーロン・ワイズ。通算13アンダーの3位でブライアンゲイが続いた。 小平智は3バーディ、5ボギーの「73」。通算2オーバーの140位で予選落ちした。
2018/05/20AT&Tバイロン・ネルソン

21歳のルーキーが首位タイ浮上 松山英樹は後退29位

ブライアンゲイが12アンダー5位タイにつけた。 前日「63」をマークして2試合ぶりに決勝ラウンドに進んだ松山英樹は、7アンダー20位タイから2バーディ、2ボギー「71」。スコアを動かせず29位に後退した。ジョーダン・スピースも29位で最終日を迎える。
2018/02/02WMフェニックスオープン

松山英樹は3連覇へ29位発進 首位ハースと5打差

位のジョン・ラーム(スペイン)、バッバ・ワトソン、ボーン・テーラー、ブライアンゲイ、ゲーリー・ウッドランドの5人が続いた。 アーノルド・パーマー以来(1964年)の大会3連覇がかかる松山は5バーディ、3ボギーの「69」とし、首位と5打差の2アンダーの29位で初日を終えた。
2017/11/20ザ・RSMクラシック

クックが初優勝 復帰スネデカーは29位

.スポーンが通算17アンダーの2位、ブライアンゲイが通算16アンダーの3位に続いた。大会歴代王者のケビン・キズナー、ツアー通算2勝のブライアン・ハーマンら4人が4位に並んだ。 5カ月ぶりに戦線復帰したブラント・スネデカーは、マット・クーチャーらと並んで29位で終えた。
2017/11/17ザ・RSMクラシック

クリス・カークが単独首位 クーチャーは73位

、9アンダーで単独首位に立った。1打差の2位にジョエル・ダーメンが続き、7アンダーの3位にジェイソン・コクラック、ハドソン・スワッフォード、ブライアンゲイが並んだ。 2012年の年間王者でツアー通算8
2017/11/19ザ・RSMクラシック

26歳クックが初Vに前進

ウェブドットコムツアーから昇格し、今季から米PGAツアーを主戦場とする26歳が初制覇に前進した。 クリス・カークが3打差の2位につけ、ブライアンゲイが通算14アンダーの3位に続いた。 J.J.スポーンが
2017/05/15ザ・プレーヤーズ選手権

“シード落ち”から一転 激動のポールターが2位

出場権確保が“不利”になると判断し、システムを是正。既に持ち越し分の出場可能試合を終え、昨季までのポイント配分では出場権をキープできたはずのポールター、ブライアンゲイのシード復帰を発表。「ザ
2016/06/13フェデックス セントジュードクラシック

バーガーがツアー初優勝 D.ジョンソン「63」で巻き返し5位

ダスティン・ジョンソンは1イーグル6バーディ、1ボギーの「63」をマークして、通算9アンダーの5位でフィニッシュした。 通算8アンダー6位にブライアンゲイ、通算7アンダー7位にラッセル・ヘンリー、ノ・スンヨル(韓国)が続いた。
2013/11/13佐渡充高のPGA選手名鑑

<佐渡充高の選手名鑑 100>ブライアン・ゲイ

■Men at Work 試合に出続けるアイアンマン ブライアンゲイは誰よりも試合に出場するアイアンマンとして知られている。今年からツアーの日程、開催地が大幅に変わり、12月で42歳を迎える
2013/01/21ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション

大混戦の終盤 B.ゲイが三つ巴のプレーオフを制す

・スターリングスが5打差リードの単独首位で迎えながらも、次々とビッグスコアをマークする後続組にのみこまれて混戦模様に。通算25アンダーでデビッド・リンメルス(スウェーデン)、ブライアンゲイ、チャールズ