2016/04/05マーク金井の試打インプレッション

藤倉ゴム工業 ZERO Speeder

藤倉ゴム工業が2014年に発売した『Air Speeder』は、どのメーカーよりも早く30g台前半の軽さを実現した。その設計思想を受け継ぎ、最新技術をいかんなく投入し、さらに先を行く世界最軽量の20
2018/12/26ツアーギアトレンド

年間勝利数が最も多かったシャフトは?/国内男子

2018年国内男子ツアーで最も勝利をもぎ取ったシャフトは何だったのか? 第1位が6勝を記録した三菱ケミカルと藤倉ゴム工業。「三菱ケミカル クロカゲ XD」を使用して、8月「KBCオーガスタ」で初優勝
2014/11/04マーク金井の試打インプレッション

藤倉ゴム工業 Speeder EVOLUTION

昨年、最新技術で名作スピーダーを蘇らせたフジクラシャフト。今年は“はじき”を追求して更なる飛距離に挑戦した、スピーダー エボリューションを発売。ツアーでも話題の飛距離性能を、クラブアナリストのマーク
2019/08/09中古ギア情報

渋野日向子の笑顔を支えるクラブをチェック

クラブセッティングを見てみよう。ドライバーは「ピン G410 プラス ドライバー」の10.5度。シャフトは9月に発売される「藤倉コンポジット スピーダー 569 エボリューション 6」のSRを44.75
2015/11/10マーク金井の試打インプレッション

藤倉ゴム工業 Speeder EVOLUTION II

藤倉ゴム工業の名作『Speeder』シリーズとして、2014年に『Speeder EVOLUTION』を発売。日本を含む世界のツアーで使用率が高く、アマチュアゴルファーにも高い人気を誇る。第2弾
2014/04/01マーク金井の試打インプレッション

藤倉ゴム工業 Air Speeder

シニアや女性ゴルファーのために開発された世界最軽量シャフト、「フジクラ Air Speeder」。Speederシリーズと言えば、抜群のスピード感が人気。その魅力を味わえるユーザーを一気に広げ、超
2018/07/26ギアニュース

スピーダーエボリューション5が登場 8月22日発売

藤倉ゴム工業(東京都江東区)は、スピーダー エボリューションシリーズの5代目にあたるシャフト「スピーダー エボリューション 5(Speeder EVOLUTION V)」を8月22日より発売する
2019/11/16クラブ試打 三者三様

ディアマナ ZF/ヘッドスピード別試打

れます」 ―「エボ6」の時とは逆シフト? 「…確かに。今回の『ZF』では、藤倉コンポジット『スピーダー』シリーズの要素である“走り感”要素が含まれています。逆に『エボ6』は、三菱ケミカルの強みである
2018/12/07中古ギア情報

今季国内でダントツ最多勝利のシャフト

2018年度の男女国内ツアーで、最も優勝回数が多かったシャフトが「藤倉ゴム工業 スピーダー エボリューション 4」だ。男子3勝、女子9勝の計12勝で断然トップだった。 使用プロを見ると、男子は稲森
2012/03/06マーク金井の試打インプレッション

藤倉ゴム工業 ランバックス Type X

に与えている。 フジクラのランバックスシリーズは挙動安定性にこだわったシャフト。タイプXはこれに加え、叩ける強さと弾道の安定性を実現したとアピールしている。試打クラブは45インチ。じっくりテストしてみ
2015/04/07マーク金井の試打インプレッション

藤倉ゴム工業 PLATINUM Speeder

『PLATINUM Speeder』は、フジクラジュエルラインと呼ばれ、リシャフト専用モデルとして開発されたシャフト。最初から市販クラブには装着されることはなく、アフターマーケット(ゴルフ工房)のみにリリースされて
2012/11/06マーク金井の試打インプレッション

藤倉ゴム工業 ランバックス TYPE-S

藤倉ゴム工業から今年1月に発売された「ランバックス Type X」は、ボールが捕まり過ぎない安心感が特徴的なモデルとして多くのアマチュアに支持されてきた。そして今回新たに「Type S」が誕生
2019/06/18マーク金井の試打インプレッション

一気に振り切れ心地良い「プロギア RS RED ドライバー」

接着固定され、調整機能が省かれたシンプルな構造だ。ソールの後方にはネジが埋め込まれているが、こちらも固定式となっている。 純正シャフトはフジクラとの共同開発で、「Speeder EVOLUTION
2013/01/08マーク金井の試打インプレッション

藤倉ゴム工業 MCI シャフト

フジクラシャフトから誕生したアイアン用シャフトMCI(メタルコンポジットアイアン)。重さが4タイプラインナップされているが、今回マーク金井が3タイプを実際に試打テストを行った。7番アイアンのヘッドに
2011/11/01マーク金井の試打インプレッション

藤倉ゴム工業 ランバックス プラチナ

窺える。 フジクラのランバックスシリーズは挙動安定性にこだわったシャフト。それに新素材が加わることで何が変わったのか?試打クラブは45インチ。じっくりテストしてみたいと思う。 ■適正ヘッドスピードは 50