最近のニュース 新着一覧≫


2016/07/18今さら聞けないスイングの基礎

フィニッシュの重心を意識して弾道を変える ~第11回~

するのは、フィニッシュでの重心についてです。弾道をコントロールするための最後の一工夫といえます。 フィニッシュ時の左足の重心のかかり方で弾道が変わる 本題に入る前に、「ボールの位置で弾道は変えられる
2014/06/09植村啓太のフィーリングゴルフ

Lesson.10 飛ばすためのフォロー・フィニッシュ

遠心力を最大に利用する 今回のテーマはフォローからフィニッシュにかけての動きです。この部分でポイントとなるのが遠心力。遠心力を最大限に利用することで飛距離を伸ばすことができます。遠心力を引き出す方法
2014/11/10植村啓太のフィーリングゴルフ

Lesson.32 スライス徹底矯正! その2

体は回せばいいというものではない スライスの原因は、インパクトでフェース面が開くからです。フェース面が開く原因のひとつとして、フィニッシュで体を回し過ぎることが考えられます。よく、フォローを大きく
2018/04/29女子プロレスキュー!

方向性と左足の意外な関係 岡村優

したら良いのでしょうか?」 【岡村優のレスキュー回答】 方向性をアップさせたいなら、左足を意識することが重要だと思います。切り返し以降の左足の踏ん張りや、フィニッシュ時の左足にかける体重移動など
2013/05/17アメリカNo.1ゴルフレッスン

美しいフィニッシュで引っかけ&プッシュを改善!

振れている感じでした。ただ、グリップと体の距離が近く、前傾が深くなる癖がありましたよね。やはり、今回もその癖が出てしまっているので、まずはアドレスの復習から入りましょうか。そこから、フィニッシュ
2020/02/20サイエンスフィット レッスン

初心者がまっ先に身につけるべき基本のキ

でクラブ上げることが、基本のレールに乗せるコツなのです。 9時以降はおへそから離し、フィニッシュは右足つま先立ち おへそで上げるのは9時まで。それ以降は、腕を使ってトップに向かいます。つまり、9時以降
2019/12/04女子プロレスキュー!

速く振る? ゆっくり振る? 飛ぶのはどっち!? 荒川侑奈

ボールを遠くへ飛ばす時、多くの人が勘違いしてしまうのが、スイング全体の動きを速くしてしまうことです。始動からフィニッシュまで、全体的に動きを速めてしまうと、体の軸がブレてスイングが崩れやすくなります。 2
2018/11/29サイエンスフィット レッスン

初心者スイングを最速で脱出!(スイングレベル1 後編)

」(糸井さん 平均スコア130台) フィニッシュで3秒間キープを厳守! 前回の、おへそにグリップエンドをつけたテークバックを覚えたら、今度はフィニッシュで3秒間、体勢をキープすることを心がけてください
2019/06/28すぐ試したくなる

【第7回】上級者ならではの「傾き」とは?

スイング中、ボールから目を離してはいけない、フィニッシュまで体を起き上がらせてはいけない、こうした意識を強く持っているゴルファーはとても多いですが、実はその考えがあなたの飛距離アップを阻止している
2018/09/27サイエンスフィット レッスン

ヒップは回すのではなく押す!引っかけ撲滅の秘訣【後編】

も、しっかり打とうとすると、引っかかるミスが出てしまいます。ドライバーは、いつも振り抜けない感じが残り、フィニッシュが決まらない感じですね。また、トップでシャフトクロスしやすいので、右ヒジが真下を向く
2018/09/20サイエンスフィット レッスン

ヒップは回すのではなく押す!引っかけ撲滅の秘訣【前編】

フィニッシュが決まらない感じですね。また、トップでシャフトクロスしやすいので、右ヒジが真下を向くように心がけているのですが…」(大曽根さん 平均スコア80台後半、ベストスコア80) ヘッド解析やシャフト解析
2018/11/18女子プロレスキュー!

バンカーショットは“なるはや”で セキ・ユウティン

。時間軸で考えても、始動からフィニッシュまでの時間が長ければ長いほどミスする可能性は増えてしまうものです。 3. 適度なヘッドの入射角が必要 スイングは小さく速く振るのですが、もうひとつ重要なポイント
2018/10/07女子プロレスキュー!

4拍子なら朝イチでも曲がらない セキ・ユウティン

定まり、始動から体が崩れることなくクラブを振っていけるからです。 4. フィニッシュまで力を緩めない 朝イチショットは大事にいきたい意識が強すぎて、スイングの途中でテンポを変えてしまう人がいます
2018/08/12女子プロレスキュー!

つま先上がりは“半・手打ち”で大丈夫 金澤志奈

ままスイングするように心がけます。向きを変えないというよりは、腹筋に力を入れて踏んばる意識でOKです。 3. 左ひざの高さを変えない もうひとつは、左ひざの高さをフィニッシュまで変えないことです