2014/03/21ヨーロピアンツアー公式

グレンマリーでユーラシアカップのトロフィーがお披露目

することになる。 チームアジア トンチャイ・ジェイディー(主将、タイ)、キラデク・アフィバーンラト(タイ)、ガガンジート・ブラー(インド)、ニコラス・ファン(マレーシア)、キム・ヒョンソン(韓国
2014/03/19アジアンツアー公式

アジアの存在感を示したいジェイディー主将

来週開催される「ユーラシアカップ」でチームアジアのキャプテンを務めるトンチャイ・ジェイディーは、アジアが勝利を収めるにはチーム全員が一丸となり、大陸のプライドを懸けて戦う以外に道はないと確信している
2014/03/19ヨーロピアンツアー公式

アジアの存在感を示したいジェイディー主将

来週開催される「ユーラシアカップ」でチームアジアのキャプテンを務めるトンチャイ・ジェイディーは、アジアが勝利を収めるにはチーム全員が一丸となり、大陸のプライドを懸けて戦う以外に道はないと確信している
2014/03/10ヨーロピアンツアー公式

リードがドナルドソンを退けドラールで戴冠

位タイで大会を終えた南アフリカのリチャード・スターンもその一人である。 トンチャイジェイディと「ドバイデザートクラシック」王者のスティーブン・ギャラハーは最終日をそれぞれ「68」と「69」でラウンド
2014/01/19アブダビHSBCゴルフ選手権

ミケルソンが「63」で2位に急浮上! マキロイ4位でV争い

圏から逃さなかった。 前日にリーと並び首位タイに立ったラファ・カブレラベロー(スペイン)はスコアを1つ落として通算8アンダーの6位タイに後退。マイケル・ホーイ(北アイルランド)、トンチャイジェイディ(タイ)らと並んでいる。
2013/12/22ザ・ロイヤルトロフィ

石川も藤田も敗れ…アジア選抜まさかの大逆転負け

がチームを牽引。トップを任せられたキラデク・アフィバーンラトが3&2の完勝でポール・ローリー(スコットランド)を退けると、第2組目のトンチャイジェイディもスティーブン・ギャラハー(スコットランド)を
2013/12/21ザ・ロイヤルトロフィ

アジア選抜が2ptsリードで最終日へ 日本ペアは敗北

対戦カードとなった1組目は、ともにタイ出身のトンチャイジェイディとキラデク・アフィバーンラトが、ステファン・ギャラハーとポール・ローリーのスコットランドペアを2&1で破り、連日の勝ち点1をゲット
2013/12/20ザ・ロイヤルトロフィ

石川と藤田は2日目も同組/ザ・ロイヤルトロフィ第2Rの組み合わせ

中国・広州市にあるドラゴンレイクGCで行われている「ザ・ロイヤルトロフィ」初日はアジア選抜が3勝(3ポイント)で欧州選抜が1勝(1ポイント)と、アジア選抜が2ポイントリードして初日を終えた。2日目は4人がそれぞれの球をプレーして、チームのベストスコアを競い合うフォアボールマッチ4試合が下記の組み合わせで行われる。 アジア選抜キャプテンのY.E.ヤンは、初日に唯一の黒星を喫した中国ペアを4組目から2組目へ移動させたが、欧州選抜キャプテンのホセ・マリア・オラサバルも初日4組目のペアを2組目に移動させてぶつけ、同じ対戦とするなど、組み合わせでも熱い火花を散らしている。...
2013/12/20ザ・ロイヤルトロフィ

石川遼&藤田寛之組も勝利!アジア選抜が2ptsリード

マッチプレー4試合を行い、アジア選抜が3勝1敗として2ポイントのリード(3-1)を奪った。 同国ペア4組で初日に臨んだアジア選抜は、第1試合でタイのトンチャイジェイディとキラデク・アフィバーンラト組が2
2013/12/19ザ・ロイヤルトロフィ

アジア選抜は4組とも同国ペア/初日組み合わせが決定

権を得たヤンは、先手を選択。トンチャイジェイディとキラデク・アフィバーンラトを第1組に指名すると、それを受けてオラサバルが対戦ペアを決定する。2組目以降は先手と後手を逆にしながら、4組目までのペア…
2013/12/16

松山英樹、2年ぶりのマスターズ出場が決定

孔明が67位、片山晋呉が77位。石川遼は83位に終わり、来年1月からの米ツアーでのプレーで、6年連続のマスターズ出場を狙う。 外国勢では昨年末の時点で809位だった米ツアーの新人ジョーダン・スピースが22位でフィニッシュ。タイのトンチャイジェイディも46位でオーガスタ行きを決めた。
2013/12/08ヨーロピアンツアー公式

クールなドナルドソンが首位を堅持

「33」で回ると、後半でも2つスコアを伸ばし「67」でホールアウトした。 この2人の後方には通算11アンダーとしたトンチャイジェイディ、セルヒオ・ガルシア、ヘンリック・ステンソンの3人がつけている…
2013/12/08ネッドバンクゴルフチャレンジ

ドナルドソンが3打差をキープし最終日へ

)、トンチャイジェイディ(タイ)、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)という3人の実力者が続いており、逃げるドナルドソンにとっても油断はできない。 現在のレース・トゥ・ドバイで首位を走る地元・南アフリカのチャール・シュワルツェルは通算7アンダーの10位タイから上位進出を目指す。
2013/12/03ザ・ロイヤルトロフィ

松山、石川が参戦!「ザ・ロイヤルトロフィ」出場選手決定

中国・広州市にあるドラゴンレイクGCで12月20日(金)から22日(日)の3日間に渡って開催されるアジアと欧州のチーム対抗戦「第7回 ザ・ロイヤルトロフィ」の両チーム選抜メンバーが発表された。 メンバーは各チーム9名ずつ(プレイングキャプテンを含む)で、初日はフォアサム4試合、2日目はフォアボール4試合、最終日にシングルス9試合が行われ、トータル17ポイント(勝ち:1点、分け:0.5点、負け:0点)を奪い合って、獲得ポイントの多いチームが勝利となる。 過去の戦績は、欧州チームの4勝2敗分となっているが、昨年大会でプレーオフを制したアジア勢が2連覇を果たすか注目だ。...
2013/11/30インドネシアオープン

タイの18歳が首位タイに浮上 ブラーを捕える

「リゾートワールド・マニラマスターズ」では5位タイに入る活躍を見せており、ツアー初勝利への期待を背負って最終日のティオフを迎える。 2打差の通算11アンダー3位にトンチャイジェイディ、10アンダー4位
2013/11/29インドネシアオープン

R.グーセンが暫定10位浮上 中里は暫定68位タイ

出身2選手。通算8アンダーの暫定4位には昨季賞金王のタワン・ウィラチャン、トンチャイジェイディ、チャプチャイ・ニラト(いずれもタイ)が並んでホールアウトしている。南アフリカのレティーフ・グーセンは通算