2014/02/18ギアニュース

ダンロップ、決算説明会で市場牽引を宣言

ダンロップスポーツは2014年2月12日、2013年12月期(2013年1月1日~同12月31日)の決算短信を発表した。同社によれば、連結の売上高は666億円(前期比108%)と増収を果たしものの
2016/08/09マーク金井の試打インプレッション

ダンロップ スリクソン Z765 ドライバー

。 ・スピンを減らして飛距離を稼ぎたい人 ・クラブで左のミスを減らしたい中・上級者 ・球筋を打ち分けたいゴルファー ダンロップのプロ、アスリート向けブランドであるスリクソン。今回のモデルチェンジで、3桁の
2012/09/18マーク金井の試打インプレッション

ダンロップ Z725ドライバー

はどのようなタイプのゴルファーに会っているのか、マーク金井が徹底検証を行う。 ・つかまり過ぎを抑えたいフッカー ・弾道を打ち分けたい人 ・吹け上がりを抑えたい人 ダンロップのプロ、アスリート向け
2017/05/16マーク金井の試打インプレッション

ダンロップ スリクソン Z565 ドライバー

ゴルファー ・調整機能付きクラブが好きなゴルファー ダンロップのプロ、アスリート向けブランドであるスリクソンの最新モデルは、商品名の3桁の数字の真ん中が”4”から”6”に変わった。限定品を含めて4タイプの
2013/09/17マーク金井の試打インプレッション

ダンロップ スリクソン Z725 リミテッドモデル ドライバー

ダンロップ スリクソンのアスリート向け人気モデルZ725、スリクソン契約プロがこぞって使うZ725に、この度リミテッドモデルが登場。黒く精悍となったバックフェースと、限定シャフトが入っている
2015/06/16マーク金井の試打インプレッション

ダンロップ ゼクシオ プライム ドライバー(2015年)

アベレージゴルファーに高い支持を得るダンロップのゼクシオブランド。シニア向けに開発されたプライムモデルも8代目を迎え、『ダンロップ ゼクシオ プライム ドライバー(2015年)』はさらに機能性を高め
2014/10/28マーク金井の試打インプレッション

ダンロップ スリクソン Z745 ドライバー

や上級者に人気の秘密をマーク金井が探る。 ・左のミスを軽減させたい中上級者 ・スピンを減らして飛ばしたい人 ・球筋を打ち分けたいゴルファー ダンロップのプロ、アスリート向けブランドであるスリクソン。Z
2017/08/22マーク金井の試打インプレッション

ダンロップ スリクソン Z565 アイアン

発売から1年ほどが経ち、徐々に評価が高くなっている「ダンロップ スリクソン Z565 アイアン」。飛距離が出てミスに対する許容性も高く、“HOT LIST JAPAN 2017”でもゴールドを受賞し
2019/10/11中古ギア情報

4番ウッドで悩み解消も? 中古で試す番手選び

シャフト装着モデルが2万円台くらいから選べる。 ボールのつかまりと上がりやすさを求めるなら、「 ダンロップ ゼクシオ テン フェアウェイウッド」もいいだろう。こちらも2万円台くらいで探すことができる。 3番ウッドが苦手な人は、もう少しやさしく…
2009/04/07マーク金井の試打インプレッション

ダンロップ スリクソンGiE ドライバー

ダンロップ契約選手の御用達であるアスリート向けブランド「スリクソン」。このブランドの弟分である「スリクソン GiE ドライバー」を、マーク金井が徹底検証を行った。 ・スライサーと相性がよい ・ボール
2009/03/24マーク金井の試打インプレッション

ダンロップ ザ・ゼクシオ REVO ドライバー

アマチュアゴルファーから圧倒的な支持を得ているダンロップ「ゼクシオ」。今回は個性的なヘッド形状でやさしさ重視の「ザ・ゼクシオ REVO ドライバー」を”人間試打マシーン”ことマーク金井が徹底検証を
2011/01/25マーク金井の試打インプレッション

ダンロップ スリクソンGiE ドライバー(2011年モデル)

ダンロップから出ているアスリート向けブランド「スリクソン」。今回、初・中級者でドライバーが苦手な、若いゴルファー向けに開発された「スリクソン GiE ドライバー」を調査すべく、徹底試打検証を行った
2011/05/24マーク金井の試打インプレッション

ダンロップ ゼクシオ フォージド ドライバー(2011年モデル)

アベレージゴルファーから圧倒的な支持を得ている「ダンロップ ゼクシオ」シリーズ。今回、中・上級者のためにスペックをややハードに仕上げ、操作性と打感を向上させた「ゼクシオ フォージド ドライバー」を
2018/12/15クラブ試打 三者三様

スリクソン Z785 アイアン/ヘッドスピード別試打

Z785 vs Z765、7シリーズも新旧打ち比べ 多くのツアープロやトップアマが使用する住友ゴム工業「スリクソン Z」シリーズ。「スリクソン Z585 アイアン」のレビューに続き、今回はより精悍で
2019/09/03マーク金井の試打インプレッション

飛び系アイアンと好相性「日本シャフト NSプロ 950GH neo」

、ブリヂストンの「ツアーB JGRシリーズ」、キャロウェイの「エピック フォージド スター アイアン」、ヤマハの「インプレス UD+2 アイアン」、ダンロップの「ゼクシオ クロス アイアン」といったあたりか。 (※下記の弾道計測データは、ヘッ…
2014/08/15ギアニュース

ダンロップ、ソフト事業を第3の柱に

ダンロップスポーツは2014年8月11日、(株)キッツウェルネスの全発行済株式を同社より取得し子会社化することを取締役会で決議した。株式譲渡実行日は2014年10月1日を予定する