2019/12/16インドネシアマスターズ

ジェーンワタナノンドが今季3勝目 浅地洋佑14位

いる。 通算18アンダーの2位に日本ツアーが主戦場のガン・チャルングン(タイ)、さらに1打差の3位にキム・テウ(韓国)とジョシュヤンガー(オーストラリア)が入った。 連日の「70」で回った浅地洋佑が
2019/12/14インドネシアマスターズ

片岡大育が8位に浮上 日本勢は5人が決勝へ

◇アジアンツアー◇インドネシアマスターズ 2日目(13日)◇ロイヤルジャカルタGC(インドネシア)◇7361yd(パー72) 3位から出たジョシュヤンガー(オーストラリア)が「65」でプレーし
2019/12/13インドネシアマスターズ

片岡大育が4打差16位発進 首位に地元の19歳アマチュアら

・ホーン(南アフリカ)が65でプレーし、7アンダーの首位タイで発進した。 ムン・ドイウ(韓国)とジョシュヤンガー(オーストラリア)が1打差の6アンダーで追う。 6人が出場する日本勢では、片岡大育が「69
2017/02/18ヨーロピアンツアー公式

ラムフォードが地元パースで首位を堅持

・エバンス、ライアン・フォックス、ケーシー・オトゥール、ダンカン・スチュワート、そしてジョシュヤンガーがつけており、通算6アンダーのロバート・アレンビー、オースティン・コネリー、ニック・カレン、トーマス
2015/06/13タイランドオープン

宮本勝昌が3差5位に浮上 岩田寛は後退

消化ホールからスタートした大会3日目、第3ラウンドを首位と2打差、8位から出たジョシュヤンガー(オーストラリア)が9バーディ、1ボギーの「64」をマークし、通算15アンダーとして単独首位に浮上した
2015/06/11タイランドオープン

塚田好宣と星野英正が4打差9位発進 首位は金亨成

アンダー3位にジョシュヤンガー(オーストラリア)が続いた。4アンダーの4位にティラワット・ケーオシリバンディット(タイ)、リュウ・アンイ(中国)とイ・サンヒ、イ・チャンウ、キム・ビオの韓国勢3人
2013/10/19ヨーロピアンツアー公式

ヘッドブロム、生き残りを賭けた“大逃げ”の目論見

デンマークのソレン・ハンセン、かつての韓国アマチュアチャンピオンのジン・ジョン、そしてクリント・ライス、ジョシュヤンガー、ディミトリオス・パパダトスらのオーストラリア勢が並んでいる。 フィッシャーは
2013/10/18ISPS HANDA パースインターナショナル

ヘッドブロムが首位堅守 昨年覇者バンペルトは4差8位

と2打差、通算5アンダーの2位にはロス・フィッシャー(イングランド)、通算4アンダーの3位タイグループにはソレン・ハンセン(デンマーク)、ジョン・ジン(韓国)ほか、クリント・ライス、ジョシュヤンガー