2019/08/10ザ・ノーザントラスト

ランキング低迷のスピース ウルフの変則スイングに見たもの

獲得。緊張感のある状況で「36ホールでボギーがひとつだけなんてウソみたい」と復調を予感した。 予選ラウンド2日間は40歳のケビン・ストリールマン、そして今年6月にプロ転向したばかりのマシュー・ウルフと
2019/07/20全英オープン

【速報】松山英樹は通算3オーバーで終える

、継続中の記録ではツアー最長だった連続予選通過記録は「25」で止まることになる。 松山はこの日、スタートの1番で1打目をいきないOBとしてトリプルボギーで発進し、パー5ホールで2つ戻した。後半は10番から
2019/06/23トラベラーズ選手権

チェズ・リービーが独走 6打リードで11年ぶりVに前進

2勝目に前進した。 通算10アンダーの2位に、キーガン・ブラッドリーと単独首位から出たザック・スーカー。ス―カーは5打リードで迎えた後半10番から3ホールで5つ落とし、ツアー初優勝へ6打差を追う立場に
2019/06/20ヨーロピアンツアー公式

全米OP12位のウォレス ミュンヘンで連覇に挑む

・ドバイ」で首位争いを演じており、前週のペブルビーチGLでの12位タイフィニッシュにより、米国のケビン・キズナーを抜いてランキングのトップに躍り出た。 しかし、このイングランド人選手が笑みを浮かべる理由
2019/04/27チューリッヒクラシック

日没順延 マルナチ&ハーレーIIIペアが暫定首位

)&ブライアン・スチュアード、ケビン・キズナー&スコット・ブラウンら4ペアが続いた。 ジェイソン・デイ&アダム・スコット(ともにオーストラリア)は第2ラウンドを7ホール終え通算7アンダーの暫定37位タイにいる。競技は27日の午前7時に再開する。
2019/04/02ヨーロピアンツアー公式

黒星スタートから初のマッチプレー王者が誕生

「WGCデルテクノロジーズマッチプレー」は、決勝でマット・クーチャーを破ったケビン・キズナーが世界ゴルフ選手権初制覇を遂げ、昨年の悪夢をぬぐい去った。 1年前、この大会の決勝でバッバ・ワトソンに7
2019/04/01WGCデルマッチプレー

キズナーが汚名返上 2年連続の決勝でリベンジ

。「長い週末だった。精神面だけじゃなく、肉体面もヘトヘト。ストレスたっぷりのホールばかりだった」と安堵のため息。相手のクーチャーも「ケビンは堅実なゴルフで求められるプレーをした。互いに望んでいたプレーでは
2019/04/01WGCデルマッチプレー

【速報】決勝戦は米国勢対決 キズナーVSクーチャー

◇世界選手権シリーズ◇WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 最終日(1日)◇オースティンCC(テキサス州)◇7108yd(パー71) 準決勝2試合が行われ、どちらも18ホールに及ぶマッチを制した
2019/03/31WGCデルマッチプレー

ウッズは準々決勝敗退 伏兵ビェルレガードに敗れる

回戦と準々決勝が行われ、ベスト4が出そろった。 6年ぶり出場のタイガー・ウッズはロリー・マキロイ(北アイルランド)を2&1(1ホールを残して2アップ)で破ったが、準々決勝でルーカス・ビェルレガード
2019/03/30WGCデルマッチプレー

ウッズ、マキロイらが決勝T進出 松山と小平は初白星

(各組の首位)の決勝トーナメント進出者が決まった。 すでに予選リーグ敗退が決まっていた松山英樹は世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンを3&2(2ホールを残して3アップ)で破り、1勝1敗1分けで
2019/03/24GDOEYE

17歳の米トップジュニア 進学せずプロ転向決意の波紋

する計画を立てているということで注目を集めている。 バティアは昨年、「全米ジュニア」こそ36ホールの決勝戦で惜敗したが、「ジュニアPGA」連覇をはじめ、「セージバレー」「ポロ」「ロレックス」など
2019/03/10アーノルドパーマー招待

フィッツパトリックが首位浮上 松山は23位

)、ケビン・キスナーの3人が続いた。 スタートの1番、フィッツパトリックは「残り115ydからSWで打ったけど、ピッチマークを見つけることができなかった」と振り返った。グリーンは日に日に硬くなり、各ホール
2019/02/13GDOEYE

PGAツアー初観戦から8年 小平智の課題と仲間

いけない」。また手を焼きそうだ。 けれど、そう思うからこそ、周囲の何気ない声も大きなサポートに感じられる。開幕3日前の11日(月)には松山とイン9ホールを回った。名物ホールの10番は「左側に置いておけば
2019/01/04セントリートーナメントofチャンピオンズ

【速報】米ツアー2019年の初戦が開幕 小平智は3オーバーで後半へ

バーディを奪った初出場のケビン・ツエー。2アンダーの2位に、5ホールを終えたアンドリュー・パットナムが続く。 ダスティン・ジョンソンとブライソン・デシャンボーが回る最終組は、午後0時40分(日本時間の4日午前7時40分)にスタートする。
2018/10/08セーフウェイオープン

ツエーが初優勝 新シーズンの開幕戦を制す

・ムーア、ケビン・ツエーの3人によるプレーオフに突入。ツエーが3ホール目でこれを制し、2018-19年シーズンの開幕戦でツアー初優勝を飾った。ツエーは2011年にプロ転向の30歳。父はメジャー1勝