2020/08/03全米プロゴルフ選手権

2020年「全米プロゴルフ選手権」出場選手一覧

・シャウフェレ スコッティ・シェフラー マティアス・シュワブ シャール・シュワルツェル アダムスコット ウェブ・シンプソン キャメロン・スミス ブラント・スネデカー ボブ・ソワーズ ジョーダン・スピース
2020/07/26全米プロゴルフ選手権

ウェストウッド 全米プロなど欠場へ「今は『もしも』が多すぎる」

。それらを考慮したら(米ツアーに参戦するのは)何かが間違っている」と改めて断言した。 同じく米ツアー再開後に感染リスクを懸念し、欠場を続けていたアダムスコット(オーストラリア)は「全米プロ」での復帰を明言している。
2020/07/25記録

「全米プロゴルフ選手権」記録集

レイモンド・フロイド(1969年/エヌシーアールCC)トム・ワトソン(1978年/オークモントCC)レイモンド・フロイド(1982年/サザンヒルズCC) 65打以下でラウンドした回数 4回 アダムスコット
2020/07/22

ゴルフきょうは何の日<7月22日>

。通算5アンダー5位から出て前半2つスコアを落としたものの、後半4バーディの猛チャージ。通算7アンダーとし、6打差を大逆転した。 だが、主人公はむしろアダムスコット(オーストラリア)だった。4打差の単独
2020/06/11進藤大典ヤーデージブック

PGAツアー再開初戦はショットメーカー優位?

ランを計算した上で風の影響を考えたライン取りが求められます。歴代優勝者にセルヒオ・ガルシア、ジャスティン・ローズ、アダムスコットといった名だたるショットメーカーたちが並ぶ理由でもあるでしょう
2020/05/25

ゴルフきょうは何の日<5月25日>

2014年 アダムスコットウィーク 世界1位→米ツアー優勝 アダムスコット(オーストラリア)が自身初の世界ランキング1位として臨んだ米ツアーで優勝した。週初めの19日(月)にタイガー・…
2020/05/24

米国がPGAツアー選手含む外国人アスリートの入国制限免除

「今は渡米を考えられない」などと話していた。英国にいるリー・ウェストウッド(イングランド)やフランチェスコ・モリナリ(イタリア)、母国オーストラリアに滞在中のアダムスコットらも当面はトーナメント出場を
2020/05/21

ゴルフきょうは何の日<5月21日>

スタイルの変更を余儀なくされた。長尺を握っていたアダムスコット(オーストラリア)や中尺のウェブ・シンプソンらはその後、試行錯誤をしながらツアー優勝を果たしている。