2009/05/17リージョンズチャリティクラシック

尾崎直道は暫定4位タイ!悪天候で途中サスペンデッド!

はジーン・ジョーンズ、キースファーガスの2人が並んでいる。 激しく降った雨の影響により、4時間近い中断を余儀なくされた2日目。22位タイスタートの尾崎直道は、この厳しいコンディションの中、立ち上がり
2009/03/29ザ・キャップ・カナ選手権

首位に3人が並ぶ大混戦に!尾崎直道は15位タイに後退。

ドミニカ共和国にある、パンタエスパーダGCで開催されている、米国チャンピオンズツアーの第6戦「ザ・キャップ・カナ選手権」の2日目。マーク・オメーラ、キースファーガス、エドアルド・ロメロ
2009/03/30ザ・キャップ・カナ選手権

K.ファーガスが混戦を制す!尾崎直道は22位フィニッシュ

ドミニカ共和国にある、パンタエスパーダGCで開催されている、米国チャンピオンズツアーの第6戦「ザ・キャップ・カナ選手権」の最終日。通算13アンダーで、キースファーガスが優勝を手にしている。 名手
2005/03/13SBCクラシック

青木功は6位に後退 飯合肇は18位へ浮上!

ファーガス。8バーディ1ボギーの内容でこの日のベストスコア「65」をマークし、8位タイから一気に首位へ駆け上がった。 また、通算6アンダーの2位にマーク・マクナルティ。通算4アンダーの3位タイにゲーリー
2008/10/25AT&T選手権

M.ジェームス、猛烈チャージで単独首位!

アンダー、単独3位にはキースファーガス。こちらは6バーディ、ノーボギーでラウンドと、安定感のあるゴルフを披露している。続く5アンダー、4位タイにはジーン・ジョーンズ、ウォルター・ホール、デーブ
2005/03/21東芝シニアクラシック

M.ジョンソンが悲願の初優勝!飯合は28位でフィニッシュ

2位タイにはウェイニー・レビとキースファーガス。ヘイル・アーウィンは通算4アンダーの20位タイで競技を終えている。 そのほか日本勢の飯合肇は、最終日にスコアを2つ伸ばして通算3アンダーの28位タイでフィニ…
2007/08/19ジェルド・ウェン・トラディション

D.エドワーズとM.マクナルティが首位を争う!

スタートしたキースファーガスは終盤に崩れ、スコアを伸ばせず通算8アンダーのまま。R.W.イークスと並んで6位タイにつけている。また、48位タイでスタートした尾崎直道は、倉本昌弘とともにイーブンパーでラウン…
2008/03/29ギン選手権

L.ニールセンが単独首位! 尾崎直道は41位タイ発進

で並び、3アンダー。6位タイにはティム・シンプソンとクレイグ・スタドラーが続いている。ディフェンディングチャンピオンのキースファーガスは、ブラッド・ブライアントらと共に2アンダーの8位タイでホールアウトし…
2009/03/28ザ・キャップ・カナ選手権

D.イーガーが単独首位に立つ。尾崎直道は8位タイ発進!

追うのは、ジンバブエのニック・プライスに、アルゼンチンのエドアルド・ロメロ、そして、キースファーガス、トム・ジェンキンス、ティム・シンプソンの4人。2位グループのうち、ジェンキンス、シンプソンを除く
2011/04/24リバティ・ミューチュアル・レジェンズ・オブ・ゴルフ

ファーガス&レビ組、ライル&シニア組が首位タイ!

ジョージア州のサバンナハーバー・リゾートで開幕した、米国チャンピオンズツアーの第7戦「リバティ・ミューチュアル・レジェンズ・オブ・ゴルフ」の2日目。キースファーガス&ウェイン・レビ組とサンディ
2007/08/18ジェルド・ウェン・トラディション

D.エドワーズが猛ラッシュで抜け出す!

アンダー。1つ順位を下げて、単独2位につけている。さらに2打差の通算8アンダー、単独3位には、4連続を含む6つのバーディでスコアを伸ばしたキースファーガスが続いている。 この他、トム・カイトはロニー
2009/10/26AT&T選手権

P.ブラックマーが逆転優勝!

8アンダー、単独5位にはジョン・クック。続く単独6位にはヘイル・アーウィンが食い込んだ。現在賞金ランクトップのベルンハルト・ランガーは通算6アンダー。キースファーガス、スコット・シンプソンと並び、7位タイ…
2010/05/15リージョンズチャリティクラシック

首位に4人が並ぶ大混戦!尾崎直道は3差19位タイ

バーディ、2ボギーとまずまずの内容で初日を終え、ベルンハルト・ランガー(ドイツ)らと並び19位タイ。明日からの躍進に期待がかかる。なお、昨年のチャンピオン、キースファーガスは1アンダー、55位タイで初日を…
2007/08/21ボーイング・グレーターシアトルクラシック

T.カイトが今季初優勝&大会2連覇を狙う!

、最終日に4位タイからスタートしたトム・カイトと、12位タイからスタートのキースファーガスが共に通算15アンダーまでスコアを伸ばし、プレーオフに突入。結果カイトがこれを制して、逆転勝利を飾っている