2018/03/24WGCデルマッチプレー

日本勢4人は決勝進めず 世界ランク上位も続々敗退

ザック・ジョンソンに引き分け。1勝1敗1分けで予選敗退が決まった。 すでに敗退が決まっていた宮里優作はキャメロンスミス(オーストラリア)と引き分けて2敗1分け。小平智はチャールズ・ハウエルIIIに
2018/04/25チューリッヒクラシック

米ツアーダブルス戦 マスターズ王者や五輪金銀ペアが出場

サム、2日目と最終日にフォアボールを採用した前年は、通算27アンダーで並んで月曜日まで持ち越されたプレーオフをヨナス・ブリクスト(スウェーデン)とキャメロンスミス(オーストラリア)のペアが制して優勝
2018/03/24WGCデルマッチプレー

池田は次週ヒューストン 宮里と小平はマスターズへ準備

かなって思う」と、さらなる連戦に期待を込めた。 キャメロンスミス(オーストラリア)と対戦した宮里も、17番まで1アップリードしながらも、最終18番でダウンを喫して引き分けに終わった。「最後は勝負を
2018/03/23WGCデルマッチプレー

松山英樹と池田勇太は1勝1敗 宮里優作、小平智は予選敗退

ずつ16の組に分かれて、総当たり戦(予選ラウンド)の2日目が行われた。 松山英樹はキャメロンスミス(オーストラリア)と対戦。オールスクエアで迎えた16番(パー5)でスミスはイーグルとし、1UPで敗れ
2018/02/19ジェネシスオープン

トイレは一瞬ガマン 引退も考えたワトソンが2年ぶり勝利

、バンカーから直接沈めた14番(パー3)のショットだろう。ティショットをピンに近い左サイドのガードバンカーに入れたワトソンは、同組のキャメロンスミスにトイレの場所を確認した。「次のティにあるよ。あと
2017/11/15ヨーロピアンツアー公式

「DPワールドツアー選手権」の大会アラカルト

、ジョーダン・スミス、ライアン・フォックス、ミシェル・ロレンゾベラ、カラム・シンクィン、アンドリュー・ドット、アレクサンダー・ビョーク、マチュー・パボン、アドリアン・オタエギ、ディーン・バーメスター、ヘイドン
2018/02/18ジェネシスオープン

グリーン中央にバンカー?カントレーの巧みな1打

「マスターズ」を初制覇したとき、カントレーはローアマチュアに輝いている。 陽気なワトソンと寡黙なカントレー。「そのとき少し会話したくらい」という好対照な2人にキャメロンスミスを加えた3選手が、あすの最終組で激突する。(カリフォルニア州パシフィックパリセーズ/今岡涼太)
2018/02/18ジェネシスオープン

ワトソンが首位 カントレー1打差 DJは猛追8位

。 ツアー通算9勝のワトソンだが、直近の優勝は2年前の今大会。昨シーズンはフェデックスカップ75位と低迷したが、2年ぶりの優勝へ絶好の位置で最終日へと駒を進めた。 通算8アンダーの3位には、キャメロンスミス
2017/12/01オーストラリアPGA選手権

A.ブランド首位キープ A.スコットは予選落ち

位にキャメロンスミス、ライン・ギブソン、ジョーダン・ズニックのオーストラリア勢が続いた。 前年覇者のハロルド・バーナーIII(米国)は「66」で通算7アンダーに伸ばし、41位から7位タイにジャンプアップした。 アダム・スコット(オーストラリア)は「74」と崩れ、通算1オーバーの92位で予選落ちした。
2017/12/02オーストラリアPGA選手権

豪州勢が上位を席巻 S.ガルシアは7位で最終日へ

」をマークし、通算17アンダーの単独首位に浮上。後続に3打のリードを築き、欧州ツアー初優勝のチャンスをつかんだ。 通算14アンダーの2位にキャメロンスミス。通算13アンダーの3位に日本ツアーを主戦場に
2017/10/22ザ・CJカップ

トーマスが今季初優勝 POでレイシュマン下す

奪って追いついた。通算9アンダーで並んで突入したプレーオフでは、2ホール目でバーディを獲って勝負を決めた。 キャメロンスミス(オーストラリア)が3位。韓国のキム・ミンフィが通算6アンダーの4位に入った。 ジェイソン・デイ(オーストラリア)は4アンダー11位で自身の今季初戦を終えた。
2017/10/20ザ・CJカップ

ルーク・リストが首位浮上 トーマス4位に後退

・トーマス、キャメロンスミス(オーストラリア)が並んだ。 韓国勢のトップに立つのは、通算6アンダーの6位のキム・ミンフィ。日本を主戦場にするキム・キョンテが通算2アンダーの24位で続いた。
2017/10/21ザ・CJカップ

トーマスが今季初Vへ首位浮上 ブラウンと並ぶ

キム・ミンフィがキャメロンスミス(オーストラリア)、ルーカス・グローバーと並ぶ通算6アンダーの5位、アン・ビョンフン(韓国)が通算5アンダーの8位につけた。 ジェイソン・デイは16位、アダム・スコット(ともにオーストラリア)は28位で最終日を迎える。
2017/10/15CIMBクラシック

ペレスが4打差で完勝 松山英樹は5位T

キャメロンスミス(オーストラリア)と並んで通算16アンダーの5位で2017-18年シーズンの自身初戦を終えた。 大会3連覇を懸けて臨んだジャスティン・トーマスは7バーディ、2ボギーの「67」として、通算11アンダー17位でフィニッシュした。